こんにちは!
Ryoです。

全国で増えてる
空き家対策としての

特別控除の特例を知ってますか?

家や土地を相続した人の
所得税や個人住民税を割り引く制度。

2019年で終わる予定だったけど
期間が延長されたし

条件がゆるくなったので
まとめますね。

空き家特例とは

空き家特例の正式な名まえは
「空き家の発生を抑制するための特例措置
(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除)」。

親などから家をもらう場合には
相続税を払うけど

もらった家を耐震リフォームしたり
建物をこわして土地だけにしたりしてから
家や土地を売って

そしてそれが

決められた期間内に
決められた条件に合ってて
決められた手続きをすれば

所得税や住民税を
割り引いてあげましょう
という制度です。

RyoRyo

家をもらう予定がある人は
気をつけた方がいいポイントもあります!


え?みゆ

でも
簿記だか経理だか知らないけど

むずかしいことばが
多いよね~!


RyoRyo

できるだけ
わかりやすく説明するね!



空き家特例のキホン

空き家特例は
たくさんの税金を割り引く制度だから

けっこう条件がうるさいです。

まず基準になるのは
家をもらう日(相続する日)と
家や土地を売る日(譲渡する日)。

空き家特例は老人ホームOKの税制改正!期間が延長!取得費加算も?-1

家をもらう日から3年後の年末までに
耐震リフォームをして家を売るか
家をこわして土地を売るかしないと

空き家特例の対象になりません。

そして家を売る期間は
2016(平成28)年4月1日から
2019(平成31)年12月31日まででした。

あれ?みゆ

あれ?
なんで「~まででした」って
過去形なの?


RyoRyo

この制度が延長されることに
なったからなの!

後でくわしく説明するね!



家の条件

もらう家について
4つの条件があります。

【家の条件】

1. 家をもらう日の直前まで、家をくれる人(親など)が住んでること。

2. 家をくれる人(親など)以外の人が住んでない家であること。

3. 家は1981(昭和56)年5月31日以前に建てられたこと。

4. 家をもらってから売るまでのあいだ、仕事に使ったり、人に貸したり、誰かが住んだりしてないこと。


家や土地を売るときの条件

家や土地を売るときにも
条件が2つあります。

【家や土地を売るときの条件】

1. 家や土地は1億円以下であること。

2. 家を売る場合は、耐震基準をクリアしてること。


空き家特例の計算式と具体例

空き家特例の
計算式があります。

空き家を売ってもうけた金額=家や土地を売った金額-家を買ったときに払った金額-家を売るための費用-3000万円(特別控除)

無口みゆ

よくわかんないよ~!


RyoRyo

お父さんに家をもらった
Aさんの例をあげて
説明するね!

【Aさんの例】

Aさんはお父さんが
1980(昭和55)年に建てた
家をもらいました。

お父さんはAさんにあげるまで
その家に20年間一人で住んでました。

家を買ったときの値段は
書類がなくなっちゃったので
よくわかりません。

Aさんは
家をこわして
土地だけにして売ったのですが

そのための工事などの費用が
200万円かかりました。

土地は
500万円で売れました。


Aさんが空き家特例をつかえた場合

Aさんが
空き家特例をつかえたら

Aさんの所得税と個人住民税は
タダになります:

( 500万円 - 500万円 × 5% - 200万円 - 3,000万円 ) × 20% = 0円

Aさんが
空き家特例を使えないと

Aさんの所得税と個人住民税は
55万円に!:

( 500万円 - 500万円 × 5% - 200万円 ) × 20% = 55万円

わおみゆ

55万円も
ちがうんだね!

ところで

家を買ったときの値段は
わからないんだよね?


RyoRyo

うん!

Aさんの例では
値段がわからないんだけど

値段がわかってて
書類があったとしても

家を売ったときの値段の
5パーセントか

実際に買ったときの値段で

自分に都合のいい方を
えらべるんだって!



2019(平成31)年度税制改正で有利に!

2019(平成31)年度の
税制改正が国会を通れば

家を売る期間が4年のびて
2023年12月31日までになるし

家をくれる人(親など)が
老人ホームに入っても

空き家特例が
使えるようになります。

税制改正での変更点

今回の税制改正での
変更点をまとめますね。

【税制改正での変更点】

1. 期間が4年延長されて、2023年12月31日までになる。

2. 家の条件の1番目で、家をもらう日の直前まで、家をくれる人(親など)が住んでなきゃいけなかった。
→ 介護認定を受けてから老人ホームに入っても、空き家特例が使えるようになる。

3. 家の条件の4番目で、仕事に使ったり、人に貸したり、誰かが住んだりしてないのは、「家をもらってから売るまでのあいだ」だった。
→ 「老人ホームに入ってから家をもらうまで」になる。

みゆみゆ

空き家特例が使える人が
ずいぶん増えるだろうね!


RyoRyo

そうね!

でも親などは
老人ホームに入る前に
介護認定を受けなきゃいけないとか

老人ホームに入った後
家をあげるまでの間に
家を貸しちゃいけないとか

注意した方がいいね!



取得費加算特例が併用できる?

不動産取引は金額が大きいから
特例がいくつもあります。

空き家特例と
併用できる特例もあるけど

「取得費加算特例」と
「空き家特例」は
どっちか1つの選択制です。

取得費加算特例は

もらった土地や建物に対してかかる
相続税の一部を

土地や建物を売ったときの
費用としてカウントしてもらえる制度。

みゆみゆ

取得費加算特例と空き家特例を
同時に2つ使えるようにしちゃったら

あまりにもトクをしすぎ
ってことだろうね!



まとめ

では
空き家特例について
まとめますね。

空き家問題の対策として
空き家特例が有効である。

不動産を相続した人に

期間や条件の範囲内で
3000万円の特別控除を
認める制度である。

2019(平成31)年度税制改正には
期間の延長や
条件の拡充が入っており

税制改正法案の成立が
待たれている。

なお
空き家特例と取得費加算特例は
選択制になっていて
併用できないので

注意が必要である。

RyoRyo

制度を上手に利用して
節税してくださいね!