こんにちは!
Ryoです。

2019年10月1日からの
消費税引き上げへの
景気対策のなかで

グリーン化特例も
話題になってますね。

平成31年度
税制改正大綱のなかで
わかりにくかったので
調べました。

共有しますね!

グリーン化特例とは

自動車にかかる税金って
どうしてこんなに
複雑なのかと思いますが…。

グリーン化特例は
特にわかりにくいので

ポイントごとに
お話ししますね。

《グリーン化特例のポイント》

【ポイント1】

グリーン化特例は
毎年収める
自動車税や軽自動車税が対象

【ポイント2】

グリーン化特例は
税金が安くなる場合と
高くなる場合がある。

【ポイント3】

税金が安くなる
グリーン化特例は
新車登録をした
最初の1回だけ


【グリーン化特例のポイント1】

グリーン化特例は

毎年収める
自動車税や軽自動車税が
対象になります。

消費増税対策で

自動車税は
減税されることに
なってますが

軽自動車税は
変わらないそうです。

2018年10月1日以降の
新車登録した車の

自動車税は
排気量によって
2万5000円~11万円

軽自動車は
今と同じで
1万800円です。

ちなみに
エコカー減税は

車検のときに収める
自動車重量税が対象なので

グリーン化特例とは
対象になる税金がちがいます。


【グリーン化特例のポイント2】

グリーン化特例は

税金が安くなるだけじゃなく
高くなる場合もあります。

安くなるのは

電気自動車や
天然ガス自動車など

または

ガソリンやLPG車で
一定の環境性能を
クリアした

環境に優しいクルマです。

そして

環境へのやさしさの度合いで
どれだけ安くなるかが
変わってきます。

あれ?みゆ

やさしさの度合いって
どういうこと?


RyoRyo

ガソリンを使わない
電気自動車などは

とっても環境にやさしいから
税金75パーセントオフで

ガソリン車だけど
燃費がいいクルマなら
税金50パーセントオフって感じね!


そして

ガソリンやLPGので
13年経ったクルマや

ディーゼル車で
11年経ったクルマは

税金が
15パーセントアップします。


【グリーン化特例のポイント3】

そもそも

グリーン化特例の
対象となる
自動車税や軽自動車税は

毎年4月1日現在に
クルマのオーナーである人が
払う税金です。

でも

グリーン化特例で
税金が安くなるのは

新車登録をした
最初の1回

つまり
1年分だけの割引です。

だけど

グリーン化特例で
税金が高くなる方は

古いクルマを持ってる間は
ずっと15パーセント高いまま

毎年割増の税金を
払い続けることになります。


新車の税金はいくら安くなるの?

2018年12月30日現在

平成31年度(2019年度)の
税制改正大綱は
閣議決定された段階で

予算案の成立してません。

だから
変更されるかもしれないけど

税制改正大綱通りなら

自家用の四輪軽自動車は
軽自動車税が
1万800円なので

電気自動車などなら
75パーセントオフの
2700円になります。

ガソリン車でも

ハイブリッドなどなら
電気自動車と同じ
75パーセントオフで2700円。

それよりもう少し
燃費性能が下がると
50パーセントオフで5400円。

普通自動車だと

排気量1000cc以下なら
自動車税が
2万5000円なので

燃費性能によって
6250円からになります。

みゆみゆ

だけど
割引は新車のときの
1回だけだから
中古車はダメなんだね!



グリーン化特例はそのうちなくなる?

平成31年度の
税制改正大綱を見てると

「グリーン化特例の重点化」
ということばが出てます。

グリーン化特例は
税金が安くなるのは
1年限りで

クルマが古くなると
毎年割増で
税金を払うことになります。

名まえに
「グリーン化」ってあって

燃費性能のことは考えてるけど

まだ使えるクルマなのに
買い替えるのはもったいないとか

どんどん新しくしたら
古いクルマを捨てることになって

環境によくないとかいうことは
まったく考えられてないから

あれ?みゆ

環境の「エコ」っていうより
経済の「エコ」のための
特例なんじゃないの?


っていう批判があります。

消費増税対策は充分?

グリーン化特例が
環境のことを考えてない
っていう批判以前に

政府としては
グリーン化特例を

2018年現在のレベルで
長く続けるのはムリ
っていう事情もあります。

それは
グリーン化特例の対象の
自動車税や軽自動車税が
地方税なので

減税をすると
国の税金から
減税分を地方に払うからです。

クルマに関する減税は

自動車税を安くしたり
環境性能割をつくったり
エコカー減税もあります。

え?みゆ

だったら
グリーン化特例を
やめちゃえば?


とも思うけど

消費増税があるので
メーカーは反対するし

そうカンタンには
やめられません。

グリーン化特例はいつまで続くの?

クルマのユーザーには
あまり評判がよくないけど

メーカーには
やめないように言われてる

グリーン化特例。

だから

平成31年度の
税制改正大綱には

「グリーン化特例の重点化」
ってあるんですね。

その意味するところは

平成31・32年度
(2019・2020年度)は

2018年と同じレベルで
グリーン化特例を続けるけど

平成33・34年度
(2021・2022年度)は

電気自動車などだけが
税金を安くする対象になる

っていうことだそうです。

つまり

消費税10パーセントが
定着してきたら

減税の対象を狭くしますよ
ってことですね。

まとめ

では
グリーン化特例について
まとめますね。

毎年収める
自動車税や軽自動車税が対象の
グリーン化特例は

税金が安くなる場合と
高くなる場合がある。

税金が安くなるのは
新車登録をした1年分であり
中古車は対象にならない。

税金が高くなるのは
11年または13年以上経った
クルマが対象であり
毎年割増で払うことになる。

平成31年度税制改正大綱には
「グリーン化特例の重点化」とあり

平成31・32年度は
30年度と同等を維持するが

平成33・34年度には
税金の軽減対象を
電気自動車などに限定すると
明記されている。

RyoRyo

クルマへの減税制度などは
いろいろな種類があります。

下のリンクから
別記事を読んでくださいね!