こんにちは!
Ryoです。

2019年版の
住宅エコポイント制度は

「次世代住宅ポイント制度」
という名まえになりました。

2018年12月21日に
閣議決定されてて

2019年度の
予算成立を待って
正式にスタートします。


2019年の新しい制度とは

この新ポイント制度の
テーマは4つ。

「環境」
「安全・安心」
「健康長寿・高齢者対応」
「子育て支援、働き方改革」です。

この4つのテーマに合う
家の新築やリフォームが
ポイントをもらう条件です。


新世代住宅ポイント制度はいつからいつまで?

次世代住宅ポイント制度は
消費税の引き上げへの
景気対策の1つなので

工事代金は
消費税10パーセントで
支払うのが条件です。

【請負契約について】

新築の注文住宅
リフォームの場合:
2019年4月~2020年3月

新築の分譲住宅の場合:

2018年12月21日~2020年3月に
請負契約・着工し
かつ売買契約を締結したもの

または

2018年12月21日までに
完成済みの新築住宅で
2018年12月21日~2020年3月に
売買契約を締結したもの

【引き渡しについて】

新築・リフォームともに
2019年10月から

RyoRyo

新世代住宅ポイント制度は
とても細かいので

ポイント対象の期間や
ポイントの使い方以外の
くわしい内容については

下のリンクから
別記事を読んでくださいね!



ポイント発行申請の期間は?

新世代住宅ポイント制度の
ポイント発行の申請期間は

2019年6月ごろからを
予定しているそうです。

2018年12月27日現在

期間の終了については
案内がありません。

もらったポイントの使い方は?

新世代住宅ポイント制度で
もらったポイントは

商品券への交換は
できないだろうと思われます。

前回の住宅エコポイント制度で
商品券が対象になってたのですが

みんなが
使用期限が長くて自由度の高い
商品券にしてしまって

住宅エコポイント制度の
だいじな目的だった

消費税増税への景気対策には
あまり役に立たなかった

という批判があるからです。

新世代住宅ポイント制度では
交換できる「商品」として

この制度のテーマである

「環境」
「安全・安心」
「健康長寿・高齢者対応」
「子育て支援、働き方改革」の
ためになる商品など

となってます。

具体的には

「環境」にやさしいエコ家電や
エコな照明器具

「子育て支援・働き方改革」に
マッチした

みゆみゆ

時短料理のための
調理家電やなべ
なんかだったら
うれしいんじゃない?



まとめ

2019年版の
住宅エコポイントは
次世代住宅ポイントである。

2019年度の予算成立後に
正式スタートする。

次世代住宅ポイント制度は
消費税の引き上げへの
景気対策の1つなので

工事代金は
消費税10パーセントで
支払うのが条件である。

請負契約については
住宅のタイプによってちがうが

引き渡しは
新築・リフォームともに
2019年10月からである。

ポイントの申請期間は
2019年6月ごろからを
予定している。

ポイントの使い方は
前回の制度への反省から
商品券ではなく

新制度のテーマに沿った
商品への交換に
なる見込みである。

エコ家電や
時短目的の調理家電等に
なるだろうと思われる。

RyoRyo

新しいおうちで
便利な調理家電で
お料理なんて

楽しくなりそうですね!