こんにちは!
Ryoです。

2019年版の
住宅エコポイント制度は

「次世代住宅ポイント制度」
という名まえになりました。

2018年12月21日に
閣議決定されてて

2019年度の
予算成立を待って
正式にスタートします。

でも
けっこう詳しい内容が
発表されてるので

今回は
リフォームについて
見ていきましょう!


2019年の新しい制度とは

住宅エコポイント制度が
すっかりおなじみだから

「新世代住宅ポイント制度」は
なんだか聞きなれないけど

RyoRyo

住宅エコポイントが
大きくなって
帰ってきたような気がします!

この新ポイント制度の
テーマは4つ。

「環境」
「安全・安心」
「健康長寿・高齢者対応」
「子育て支援、働き方改革」です。

この4つのテーマに合う
家の新築やリフォームが
ポイントをもらう条件です。


新世代住宅ポイント制度でのリフォーム

新世代住宅ポイント制度の
リフォームの内容は
とても細かいので

少しずつ
見ていきますが

RyoRyo

ポイントをくれるんなら
やってもいいかな?


と思わせるのが

外壁塗装や屋根とか
二重窓だったりします。

この3つは
「ある条件」に合えば
全部ポイントの対象です。

「ある条件」とは
断熱改修です。


断熱改修のポイント数

次世代住宅ポイント制度の
4つのテーマのうちの
1つである「環境」。

なので

環境のためになる
断熱改修工事は
ポイントの対象工事です。

くわしくまとめますね!

【断熱改修工事でもらえるポイント数】

内外窓、ガラス:
0.4~2万ポイント

ドア:
2.4, 2.8万ポイント

外壁:
5, 10万ポイント

屋根・天井:
1.6万, 3.2万ポイント

床:
3万, 6万ポイント

窓とドアについては
工事する場所ごとに
ポイントをもらえます。

たとえば

窓3枚と
玄関のドア1つを
断熱改修した場合は

窓の2万x3枚=6万
プラス
玄関ドアの2.8万

つまり
8.8万ポイントを
もらえる可能性があります。

もらえるポイント数の上限など

リフォーム工事の場合

もらえるポイント数の
上限は30万ポイントです。

だけど
若者・子育て世帯は
45万ポイントになったり

それ以上の年齢の世帯でも
条件が合えば
ポイントの上限が上がります。


工事の時期について

次世代住宅ポイント制度は
消費税の引き上げへの
景気対策の1つなので

工事代金は
消費税10パーセントで
支払うのが条件です。

だから

請負契約は
2019年4月~2020年3月

引き渡しは
2019年10月から

という制限があります。

だけど

RyoRyo

たくさんのリフォーム工事が
ポイントの対象になってるので

下のリンクから
別記事を読んでくださいね!



まとめ

2019年版の
住宅エコポイントは
次世代住宅ポイントである。

2019年度の予算成立後に
正式スタートする。

外壁塗装や屋根
二重窓等の工事は

環境のためになる
断熱改修の条件に合えば
ポイントの対象になる。

RyoRyo

これをチャンスに
エコ住宅にすれば

電気代が節約できたりして
いいかもしれませんね!