こんにちは!
Ryoです。

2018年12月21日
次世代住宅ポイント制度が
閣議決定されました。

基本的な内容は
別記事に書いたので

今回は
新築の家を買う場合について
書いていきます。

RyoRyo

次世代住宅ポイント制度の
基本的な考え方や
共通するところなどは

下のリンクの
1番目の記事を

リーフォームについては
2番目の記事を
読んでくださいね!



新築の場合の次世代住宅ポイント制度とは

次世代住宅ポイント制度は

2019年10月1日からの
消費税引き上げへの
景気対策の1つで

「環境」
「安全・安心」
「健康長寿・高齢者対応」
「子育て支援、働き方改革」

のためになる住宅の
新築・リフォームへの制度

ってことでしたね?

新築の家なら
注文・分譲の両方が

次世代住宅ポイント制度の
対象になりますが、

ポイントの種類が
A・B・Cの3種類あって

3種類のポイントを
組み合わせて

合計ポイントが
決まる仕組みです。

ポイントの種類ごとに
見ていきたいと思います。

A. 標準ポイント

新築の家の場合

ポイントの基本となるのが
標準ポイントです。

標準ポイントに
4つのタイプがあって

このなかの1つ以上に
当てはまると

30万ポイントがもらえます。

【新築・標準ポイント】

エコ住宅(断熱性)
長持ち住宅(劣化対策)
耐震住宅(耐震性)
バリアフリー住宅(高齢者等への配慮)

それぞれ
性能を証明するための
等級が決められてて

それを持ってる家だけが
対象になるそうです。

B. 優良ポイント

標準ポイントに加える
優良ポイントがあり

これも4タイプなのですが

どれかに当てはまると
5万ポイントが
足されるそうです。

【新築・優良ポイント】

認定長期優良住宅
低炭素認定住宅
性能向上計画認定住宅
ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

4番目の
ゼロ・エネルギー・ハウスは

ZEH基準に当てはまる家
ということです。

C. オプションポイント

さらに
オプションポイントがあって

オプションポイントは
7タイプなのですが

これを大きくわけると
「家事負担軽減設備」と
「耐震性のない住宅の建替」
になります。

【新築・オプションポイント】

「家事負担軽減設備」
ビルトイン食器洗機:1.8万ポイント
掃除しやすいレンジフード:0.9万ポイント
ビルトイン自動調理対応コンロ:1.2万ポイント
掃除しやすいトイレ:1.8万ポイント
浴室乾燥機:1.8万ポイント
宅配ボックス:1万ポイント

「耐震性のない住宅の建替」:15万ポイント

RyoRyo

家事が楽しくなる
家になりそうですね!



新築の場合の上限ポイント

これまで出てきた
ポイント数を見て

わおみゆ

わあ~
こんなにたくさん
ポイントがもらえるの!?


って思っちゃった人
RyoRyo

ごめんなさい!


新築の場合の
上限ポイントは

最大で
35万ポイントです。

標準ポイントで
1つでも当てはまれば
30万ポイントなので

食洗器や
掃除しやすいトイレなどを
たくさんつけても

5万ポイントまでしか
足せません。

でも

RyoRyo

何をつけようかな~って迷うのも
楽しそうですね!



契約時期について

消費税増税の関係で
引き渡しは
2019年10月1日からだけど

契約については
注文か分譲かで
時期がちがいます。

《契約時期》

【注文住宅】

2019年4月~2020年3月に
請負契約・着工したもの

【分譲住宅】

2018年12月21日~2020年3月に
請負契約・着工して
かつ
売買契約を締結したもの

または

2018年12月21日までに
完成済みの新築住宅で
2018年12月21日~2020年3月に
売買契約を締結したもの


新築は貸家を含まない

なお
新築については
「貸家を含まない」とあるので

次世代住宅ポイント制度は
新築の場合は持ち家だけが
対象になるようです。

ただし
2018年12月25日現在

次世代住宅ポイント制度は
閣議決定された段階で

まだ
予算が成立してません。

内容には
変更があるかもしれないので

確認してくださいね。

まとめ

2018年12月21日に
閣議決定された

次世代住宅ポイント制度の
新築住宅に関しては

標準ポイント
優良ポイント
オプションポイントの
3種類がある。

その内容を見ると
この制度のテーマを
反映しており

家事軽減なども
考えられている。

なお

新築の場合は
もらえるポイントが
最大35万ポイントであり、

貸家は
ポイント付与の
対象にならない。

RyoRyo

ステキな家を
建ててくださいね!