こんにちは!
Ryoです。

湘南江の島で
秋に行なわれる
江ノフェス。

「江ノ島フェスティバル」
だから
江ノフェスだけど

「江no Fes」って
書くのが正しいみたい。

フィナーレを飾る
湘南キャンドルは
圧巻です。

中心会場となる
江の島サムエル・
コッキング苑までの

アクセスについて
調べてみました。

江の島はけっこう広い

島とは言え

バスも走れる
橋がかかってるし

片瀬海岸側からの
陸地から見ると

ほんの小さな島である
江の島。

江の島サムエル・
コッキング苑は

江の島の
奥の方にあるのですが

地図で見てるだけじゃ
あまりわからない
山の上にあります。

江ノフェス2019へのアクセスは?ダンスや湘南キャンドルがおすすめ!-2

江の島の入り口からは
46メートルも
高いところにあって

歩いて行くなら
わりとハードです。

ただし
歩いて登れば
ちゃんとごほうびも。

海と山の景色がキレイだし
猫に会えることも多いです。

脚がじょうぶなら
ハイキングもアリ。

でも

登るのには
自信がないという人にも

みゆみゆ

良いものがあるよ~!



江の島エスカー

江の島サムエル・
コッキング苑へは

「江の島エスカー」が
とっても便利。

なにしろ
乗ってしまえば
5分で到着します。

ただし
こ~んな感じなので⤵

江ノフェス2019へのアクセスは?ダンスや湘南キャンドルがおすすめ!-3

景色が見たい人には
不向きかも。

料金は
おとな360円
こども180円だけど

これを
安いと思う人も
高いと思う人もいて

RyoRyo

脚がじょうぶかどうかで
変わっちゃうんですよね!



江の島エスカーは登りのみ

江の島に
はじめて行く人は

大部分の人が
誤解してると思うんだけど

江の島エスカーは
登り(行き)だけです。

帰りは
歩いて降りるしか
方法がありません。

え?みゆ

バスはないの?


RyoRyo

島の中から出てる
バスだけど

島の入り口の
低いところが始発だから

山の上にある
江の島サムエル・
コッキング苑からは

歩いて降りるしかないの!

明るいうちに帰れば

景色を楽しんだり
猫に会えるかもしれなかったり

苦にもならないけど

暗くなってからは
ちょっとコワいという声も。

ただし

湘南キャンドルは
誰もが
息をのむ美しさです!

江ノフェス2019へのアクセスは?ダンスや湘南キャンドルがおすすめ!

暗くなってから
歩いて降りる自信があるなら

ぜひ見に行ってみてくださいね!

江ノフェス2019の日程は?

2019(令和元)年
6月12日現在

江ノフェス2019の
日程は発表されてません。

2018(平成30)年の
日程は

9月15日(土)~
11月4日(日)だったので

2019年は
9月14日(土)~
11月3日(日)の
可能性が高いです。

RyoRyo

決まったら
お知らせしますね!



まとめ

では
江ノフェスのメイン会場
江の島サムエル・
コッキング苑へのアクセスについて
まとめますね。

江ノフェスのメイン会場
江の島サムエル・
コッキング苑へは

料金
おとな360円
こども180円の

江の島エスカーに乗れば
約5分で到着し
便利である。

ただし

江の島エスカーは
景色を楽しめない構造であり

登りのみの営業で
帰りの下りには存在しないうえ

バス等も
山の上からは
営業していない。

湘南キャンドルは圧巻で
とても評判がいいが

暗くなってから
自力で下る体力がある人にのみ
おススメする。

なお
江ノフェスの日程は

9月14日(土)~
11月3日(日)が有力である。

RyoRyo

湘南キャンドルのほか

フラダンスも
本格的でおススメです!