こんにちは!
Ryoです。

軽減税率について

消費税が上がるのは
2019年10月1日。

1年を切って
現実味をおびたせいか

しばしば
ニュースになってますね。

そして

今回はじめてなのが
軽減税率。

きちんと
理解しておきたいですね!

軽減税率とは

消費税が
8%から10%になる
タイミングで

ぜいたく品や
し好品は
しょうがないけど

RyoRyo

食べないと
生きていけないから

食べものぐらいは
税率を軽くしましょうね

ということで

導入されるのが
軽減税率。

2019年10月1日からは

一般税率が10%
軽減税率が8%

ということに。

軽減税率をわかりやすく!お弁当やお土産にも?医薬品や健康食品は?-1

考え方の基本には
「生きる権利」があるため

消費税が
8%のままになるのは
食べものが中心です。


外食 VS コンビニ

食べものは
消費税8%だけど

外食は10%になります。

軽減税率をわかりやすく!お弁当やお土産にも?医薬品や健康食品は?-2

けれど
テイクアウトや
お弁当は8%のまま。

持って帰ると8%
その場で食べると10%

ということ。

問題なのは

ファストフードや
コンビニの

イートインスペース。

政府広報の資料では

「お客さんに
持ち帰るのか
すぐに食べるのかを聞く」

ことになってるけど…。

コンビニ業界では

イートインスペースに
「飲食禁止」と書いて

「ここは休けい所」と
アピールするとか!(笑)

えへみゆ

ファストフード業界は
どうするんだろうね?



ヨーロッパのファストフード問題とは

軽減税率先進国の
ヨーロッパでは

レストラン VS ファストフード
になりました。

問題になった当時は

ケンタッキー フライドチキンの
店舗数が少なくて

ファストフードと言えば
マクドナルドだったため

マクドナルドたたきが
しばらく続きました。

マクドナルドでは
メニューに2種類の価格

つまり

テイクアウト用と
イートイン用を
用意して

ちゃんと区別してたけど

あはみゆ

みんな
持ち帰るって言って
その場で食べちゃった!

レストラン業界は
「マクドナルド、ずるい」の
大合唱で、

結局

マクドナルドが折れて
ファストフードも外食

ということに。

日本には
コンビニという
強力な業界があるうえ

古くから
お弁当が根付いてるので、

ファストフードも
8%のままかも?

医薬品や健康食品の扱いは?

ところで
この軽減税率、

医薬品や
医薬部外品には
適用されないとのこと。

つまり
10%になります。

生きてくのに必要な
食べものは8%だけど

同じく
生きてくのに必要な

RyoRyo

医薬品は10%というのは
何だか矛盾してるような
気がしますよね?

まあ、
それはともかく

ちょっと不思議だったのが
健康食品の扱い。

健康食品のうち

医薬部外品になってると
消費税10%

医薬部外品じゃないと
消費税8%とか。

だから
これからは

医薬部外品じゃない
健康食品が
増えるかもしれません。


まとめ

では
軽減税率について
まとめますね。

2019年10月1日からの
消費税増税にあわせ

軽減税率が導入される。

人が飲食するものは
外食をのぞいて

消費税を
8%に据え置くものである。

お弁当や
テイクアウトの料理は
軽減税率適用のため、

ファストフードや
コンビニなどの

イートインスペースの
扱いに関して

すでに
外食業界からの
反発が起きている。

また
医薬品と医薬部外品には
軽減税率が適用されないため

今後は

医薬部外品ではない
健康食品の増加も
予想される。

みゆみゆ

お土産やプレゼントも
食べものなら
消費税8%なの?


RyoRyo

そうなの。

やっぱり食べものをもらうと
うれしいから、
一石二鳥ね!