こんにちは!
Ryoです。

イギリスのブレグジットとアイルランド

いろいろ複雑なブレグジット。

イギリス vs EUだけに
注目してしまいがちだけど

そのほかにも
いろいろと片付けなきゃ
いけないことが。

たとえば
アイルランドとの関係。

アイルランドは独立国だし
EUのなかに入ってるし

えへみゆ

特に
問題ないんじゃないの?


RyoRyo

ううん、それが
けっこう大問題なのよ!

実はイギリスって

アイルランドのある
アイルランド島で

けっこう最近まで
もめてたんですね!

今回は
ブレグジットを考えるうえで
どうしても外せない、

アイルランド島のなかの
国境問題を見てみます。


アイルランドの位置と歴史

アイルランドって
どこにあるか答えられますか?

RyoRyo

アイスランドとは
ちがいますよ!

正解は

イギリスのほとんどを占める
グレートブリテン島の
おとなりにある

アイルランド島の一部。

あれ?みゆ

あれ?
アイルランド島
全部じゃないの?


RyoRyo

ちがうのよ!

イギリスの地図を見ると
わかるわね!


ブレグジットをわかりやすく!アイルランドへ影響?国境はどうなる?-2

上のイラストでは
茶色い部分

グレートブリテン島のとなりに
「北アイルランド」があります。

アイルランド島は
この茶色い部分より
ずっと大きくて

このイラストにある
北アイルランドはごく一部。

アイルランド島の残りの部分が
国としてのアイルランドです。

みゆみゆ

どうしてここだけ
イギリスになったの?


RyoRyo

いろいろあったから説明するね!



アイルランドと北アイルランドになるまで

アイルランド島にあるのは

独立国の
アイルランドと

イギリスの一部の
北アイルランド。

アイルランドは
北海道より少し小さいぐらい

北アイルランドは
福島県より少し大きいぐらいです。

ブレグジットをわかりやすく!アイルランドへ影響?国境はどうなる?-1

この島が2つに分かれたのは
おもに宗教のちがい。

現在のアイルランドは
カトリックの国。

北アイルランドには
イギリスと同じ
プロテスタントの人たちが
多く住んでいます。

イギリス人が
アイルランド島を支配したのは
12世紀からですが

アイルランドが共和国として
出発できたのは1949年。

そしてその後も
北アイルランドの扱いで
紛争が続きました。

アイルランド共和国が
北アイルランドを
あきらめたのが

1998年の
ベルファスト合意。

でもその後も
テロは続いてしまい、

きちんと武装解除できたのは
2005年でした。

わおみゆ

ずいぶん最近まで
大変だったのね!



ブレグジットでアイルランドにも影響がある?

アイルランド共和国は
独立国だし
EUに入っているので

ブレグジットには
関係ないのですが

イギリスのブレグジットで
心配されてることがあります。

それは
つい最近までもめてた
北アイルランドのこと。

1998年のベルファスト合意で
せっかくおさまったのに

ブレグジットで
蒸し返されちゃうかも!

というのもアイルランドは
1919年の独立戦争の後も

島のあちこちで
紛争や問題が多くて

独立戦争よりも
多くの人が亡くなってます。

2005年の武装解除の後も
島のなかだけでなく

イギリスやヨーロッパ大陸でも
テロや暗殺が続いていました。

特にデリケートなのは
北アイルランドです。

1998年のベルファスト合意では

北アイルランドの
すべての住民に

アイルランド人か
イギリス人になる権利を

その両方の国が認めてます。

だから
国境をきちんと決めて
管理できないのです。


21世紀のアイルランド島

20世紀はじめごろは

プロテスタントの
住民がほとんどだった
北アイルランドですが

21世紀になるころには

カトリックの
住民がだいぶ増えて
40%ぐらいいるそうです。

だから
このままいけば

すこしずつ

北アイルランドが
アイルランド共和国に
なっていくのではないか

という感じだったのです。

そもそも
本当に長い間
紛争や問題だらけだったので

2018年現在でも
紛争やテロの記憶があるし

ひどかった経済も
落ち着いてきて
元には戻りたくないし

みんな
平和が続いてほしいと
真剣に思ってる!

だから

ブレグジットで
国境がきちんと
管理されちゃうのは

本当に困ることなんですね!

まとめ

では
イギリスのブレグジットの
アイルランドへの影響について
まとめますね。

アイルランド共和国は
EUのなかの国だが

イギリスからの独立戦争後も
北アイルランドをめぐって
長期間紛争が続いていた。

1998年の
ベルファスト合意により

北アイルランドの
すべての住民に

アイルランド人か
イギリス人になる権利を

その両方の国が認めたが

イギリスのブレグジットで

イギリスとEUの
国境を定めなければ
ならなくなった。

紛争の記憶が
残る人々にとって

この国境設定は
他とはちがう意味を持つ。

平和的解決が
強く望まれる。

RyoRyo

アイルランドは
本当に自然豊かで
美しいところのようです。

みんなが平和で暮らせるように
解決してもらいたいです!