こんにちは!
Ryoです。

RyoRyo

今、静かに怒ってます。

役所による
障害者雇用の水増しが
許せません!



障害者雇用について

2018年にわかった
障害者雇用の水増し問題。

そもそも
国や自治体、企業も

「障害者雇用促進法」
という法律で

障害者を雇う割合が
決まってます。

「みんなが平等に
働ける社会にしよう」

という理念があって
つくられた法律です。

障害者水増しはいつから?不正の理由や意味をわかりやすく解説!-1

監督してるのは
厚生労働省。

1年に1回
雇ってる障害者の
人数と割合を報告して

障害者の人数が足りないと

民間企業は
1人につき1ヶ月5万円の
納付金を払うそうです。


お手本であるべきなのに、水増ししてた!

残念ながら
官僚の不祥事って
たくさんありましたよね?

ニュースを見てても
腹立たしいばかりですが

今回の不祥事は
他とは全然別物。

33ある中央省庁のうち28で
合計3700人分もの
水増しが行われていて

特にひどいのは
国税庁・国土交通省・法務省。

国税庁は2017年、
1103人も水増ししてたそうです。

RyoRyo

ほとんどの省庁で
水増しが行われていて
国税庁が一番ひどい。

税金の取り締まりをしてるのに
法律違反をしてたなんて
あきれてしまいます。

第三者検証委員会の
報告書によると

いつから水増しされてたかは
はっきりわからないものの

1960年頃から
行なわれてたとのこと。

え?みゆ

60年近くじゃない!


RyoRyo

でも、どうして
「1960年頃」なんだろう
と思って調べてみたら

障害者雇用促進法が
できたのが1960年だったのよ!


がおみゆ

…っていうことは
最初から法律を守ろうなんて
思ってもみなかったってこと!?

そう、つまり
ほとんどの省庁で

障害者雇用促進法が
できた時から60年近くの間

民間企業に
障害者雇用を強制しながら

自分たちの組織では水増しして
ちゃんと雇ってるふりをしてた

ということだったのです。

障害者に対して
本当に失礼なことだし

いま健常者だとしても
事故や病気で

誰だって
障害者になる可能性がある。

そう考えると
人権問題だってことが
わかると思います。


どのように水増ししてたの?

第三者検証委員会の
報告によると

3700人の水増し分のうち
約2600人分は

法律で決められている
障害者手帳を持っていないし
病気などもない人だったそうです。

おまけに91人は退職者で
さらに
そのうち3人は死亡してたとか!

RyoRyo

本当に
人としてどうなの?
って思ってしまいます!

水増しの方法としては

たとえば
障害者の職員がやめても
新しい人を雇うのではなく

すでに働いてる人のなかから
本来は障害者として届けられない
適当な人を選んで届ける

というようなことが
ずっと行われてたそうです。

なぜ水増ししてたの?

私は
障害者の雇用に積極的な企業と
お付き合いがあり

障害者雇用の現実の
説明を受けたことがあります。

その方は
差別のない社会を
自分の会社のなかだけでも
実現させたいと願って

もうずいぶん長い間
障害者雇用や
外国人雇用を
積極的にされてます。

すばらしい理念があって
努力されてるのですが

現実として
障害者を雇用するためには

職場環境の整備が必要で
お金がかかったり

あらゆる可能性を
あらかじめ考えて

対処法を先回りするような
配慮が必要だったりします。

RyoRyo

この話しを聞いたとき

すごいなあ
頭が下がるなあ
と思いました!

本当なら
中央省庁こそが
こうした取り組みをすべきなのに

法律違反をして
書類上の数字だけを
数十年にわたって
あわせてたなんて

RyoRyo

ことばも見つかりません!



まとめ

では
中央省庁による
障害者雇用の水増し問題について
まとめますね。

2018年に発覚した
中央省庁による
障害者雇用の水増し問題は

ひんぱんに報道されている
政治家や官僚の不祥事とは

規模・意味・理由のすべてが
根本的に異なる
重大問題である。

障害者雇用促進法ができた
1960年頃から

ほぼ60年間にわたって
ほぼすべての省庁で
障害者雇用数を水増ししており

許しがたい人権問題である。

本来は
民間企業の手本となるべき
立場にいながら

障害者が退職しても
新たに採用せずに

障害者手帳を持たない在職者を
障害者として算入するなど
故意であると思わざるを得ず

なかには

すでに死亡している人を
届けている例などもあった。

2017年だけで
水増しの数は3700人分と
報告されている。

組織的・習慣的な
不正の背景には

基本的人権の軽視という
根深い問題が
あらわれてしまっている。

RyoRyo

徹底的に追及して
きちんと発表して、

民間企業のお手本となって
障害者雇用をすすめる
チャンスにしてほしいです!