こんにちは!
Ryoです。

かかりつけ医制度が始まりそう!

かかりつけ医が
いよいよ
制度化されそうです。

財務省から

「かかりつけの
医師以外で
受診した場合に

患者の自己負担を
増やす制度」っていう

提言が出たそうです。

特に
病気じゃなくても

RyoRyo

かかりつけ医を
決めておいた方が
いいかもしれませんね!

そもそも
かかりつけ医って
何なのか

制度は
どのようになるのか

トラブルになったら

などを
考えてみたいと
思います。

かかりつけ医とは?

かかりつけ医とは
ホームドクターのこと。

「病気かな」と思ったら
まず始めに行く
お医者さん。

かかりつけ医は

軽い病気か
重大な病気かを
判断してくれて

重い病気なら
専門医へを
紹介してくれます。

また
病気じゃなくても

健康診断や
予防接種を
してもらったり、

健康に関する
アドバイスを
もらいに行くことも。

2018年10月現在は

かかりつけ以外の
お医者さんに行っても

受診料が
高くなることは
ありませんが

もうすぐ
制度化されるみたいです。


かかりつけ医はどうして制度化されるの?

どうして
かかりつけ医が
制度化されるかと言えば

医療費の
節約になるから!

病気になったとき、

よくわからずに
何軒も病院を

ハシゴしたことが
ありませんか?

これって
患者もつらいし
医療費のムダ!

かかりつけ医は
自分の専門以外は
専門医じゃないけど

もちろんお医者さん!
(当たり前だけど、笑)

そもそも

病気に関しては
シロウトの私たちより

適切に判断してくれる
はずですよね?

だったら

プロの目を
利用させてもらって

医療費を
節約しましょう

というのが
制度化の目的です。

そして
かかりつけ医制度は

もうすでに
ヨーロッパなどで
行なわれていて

医療費削減の
成果はもちろん

RyoRyo

基本的には
患者にとっても
いい制度だと思います!



かかりつけ医の選び方は人それぞれ

かかりつけ医を
選ぶと言っても

選び方は
人それぞれになります。

なぜかと言えば

健康状態や年齢などが
人それぞれだから。

子どもは
小児科になることが
ほとんどだけど

大人なら

鼻カゼをひきやすい人や
アレルギーがある人は
耳鼻科や耳鼻咽喉科、

胃腸が弱いなら
内科

高血圧や心臓などの
心配がある人は
循環器科

という具合です。

なお

お医者さんが
1人しかいなくても

「内科・小児科・皮膚科」
なんて書いてあることが
ありますよね?

こういう場合は
最初に書いてある
診療科が

そのお医者さんの
得意なものであること

多いそうです。

かかりつけ医選びで共通すること

かかりつけ医は
人によって
選び方が変わるのですが

すべての人に共通して
気をつけた方が
いいこともあります。

それはまず

通いやすいことと
お医者さんとの相性。

通う回数が一番多い
お医者さんなので
この2つは大切です。

なお

かかりつけ医が
専門医である必要は
まったくなく、

専門医や介護士などを
必要に応じて
紹介してくれることが
何より重要です。

あとは

重大な病気の
原因にもなる

生活習慣の改善を
いっしょに
考えてくれる人。

かかりつけ医の要件とは!相性が合わない時はどうやって変えるの?-1

たとえば

ダイエットを
したほうがいいって
わかってるけど…

なんていう人には

がんばれそうな
ダイエット法を

いっしょに考えてくれる
お医者さんがいいですね!


かかりつけ医の変え方

2018年現在、

かかりつけ医は
制度化されてないので

まだ正式なことは
わかりませんが

すでに
制度が始まっている
ヨーロッパでは

かかりつけ医の変更が
とっても簡単です。

かかりつけ医の
登録・変更ともに

書類1枚で
済んでしまいます。

おまけに

書類を書くのは
お医者さんのほう。

変更する時も
新しいお医者さんが
書類を出すだけなので

気まずい思いを
しなくて済みます。

患者の私たちは
新しいお医者さんに

「かかりつけ医に
なってください」
って言うだけです。

みゆみゆ

日本でも
こうなるといいね!



まとめ

では
かかりつけ医について
まとめますね。

2018年10月
財務省が

「かかりつけの
医師以外で
受診した場合に

患者の自己負担を
増やす制度」について
提言した。

すでに
ヨーロッパなどで
先行しているので

制度化されると
思われる。

財務省提言の目的は
医療費の削減であるが

患者にとっては

医療サービスを受ける
初期段階から

専門医受診の
必要性の有無を
判断してもらえるという

利点がある制度である。

かかりつけ医とは
ホームドクターのことであり

専門医や介護士などと
連携できる医師が望ましい。

そのほか

通いやすいことや
相性がいいことも重要。

すでに制度化されている
ヨーロッパでは

かかりつけ医の
登録・変更とも

患者の意思で
簡単に行なえる。

RyoRyo

使いやすい制度になると
いいですね!