こんにちは!
Ryoです。

スマホの充電トラブルあるある

ひと昔前までは

いのちの次に大事なのは
パスポート

なんて言われてたけど

RyoRyo

今はぜったいにスマホ!


パスポートなんて
海外旅行に行かなきゃ
いらないし、

今だったら
たとえ
パスポートをなくしても

スマホさえあれば
なんとかなりそう!

本当に万能で
どんどん進化してるけど

いまだにちゃんと
解決されてないのが

充電問題!

充電器での
充電が遅くなったとか
充電できないとか

そもそも
忘れちゃったとか。

でも
もう大丈夫。

ローソンに行けば
充電器が
あなたを待ってます!


スマホ充電バッテリーシェアリングサービス始まる

スマホ充電バッテリー
シェアリングサービスは

ローソンの
新しいサービス。

海外で始まった
ChargeSPOTが

ローソンで
使えるように。

ChargeSPOTは

日本国内では
インフォリッチという会社が
やっているサービスです。

2018年の春から
始まってるけど

ローソンでやれば
爆発的に広まりそう!

スマホ充電器が遅い?充電されない?ローソンのChargeSPOTを使おう!-1

スマホの充電器って
必需品だけど

重いし
ジャマだから

RyoRyo

これさえあれば
もう持ち歩かなくても
いいですよね!



ChargeSPOTの使い方や料金など

ChargeSPOTを使うには

まず
ChargeSPOTサービスを
やってる会社である

インフォリッチのアプリで
会員登録をして、

預け金1,980円
(税込み2,139円)を
支払います。

そして

貸し出しサービスを
やってるローソンに行って

充電器専用スタンドの
QRコードを読み取って
充電器を取り出します。

使い終わったら
返しに行くのですが、

貸し出しサービスを
やってるお店なら
どこでも返せます。


ChargeSPOTの料金

はじめに
預け金を払うけど

充電器を返せば
預け金は返してくれます。

貸し出し料金は
1時間100円(税込み108円)で

1時間をすぎたら
48時間以内は
200円(税込み216円)です。

48時間を超えたら
預け金は戻らないけど

充電器は
返さなくていいシステム。

つまり
充電器を買ったのと同じ。

充電器1コで
スマホ1.5回から2回分の
充電ができるそう。

「ああああ~!!
充電器忘れた!!!」
っていうストレスとは

えへみゆ

もう、バイバイ!



ChargeSPOTサービスをやってるローソン

2018年10月2日現在
ChargeSPOTをやってる
ローソンは

ローソン渋谷道玄坂上店:
東京都渋谷区円山町19-1

ローソン渋谷桜丘町南店:
東京都渋谷区桜丘町13-12

ローソン恵比寿プライムスクエア店:
東京都渋谷区広尾1-1-39

ローソン代々木西参道店:
東京都渋谷区代々木3-37-7

ローソン東新宿明治通店:
東京都新宿区新宿7-27-12

ローソン都営東新宿駅前店:
東京都新宿区歌舞伎町2-3-16

プラス
2018年10月9日に
リニューアルオープンする

ローソンJEBL秋葉原スクエア店も
ChargeSPOTをやるようです。

みゆみゆ

なあ~んだ、
やっぱり東京だけか!


と思った人には
いいお知らせ!

2018年の年末までに
全国7000店で
ChargeSPOTをやる予定とか!

RyoRyo

やるじゃない、
ローソン!

まとめ

では
ローソンの新しいサービス
ChargeSPOTについて
まとめますね。

ChargeSPOTは

ローソンが
2018年10月に始めた

スマホ充電バッテリー
シェアリングサービス。

貸出料金は
税込み108円からで
手頃な価格設定になっている。

海外発のChargeSPOTは

日本国内では
インフォリッチ社が
2018年春から
サービスを開始していたが

ローソンとの提携により
急拡大が望まれる。

2018年10月上旬の
7店舗からスタートし

2018年末までに
全国7000店舗に
開設する予定である。

みゆみゆ

充電器の
悩みやストレスは
もうおしまいね!