こんばんは!
Ryoです。

スルガ銀行は終わったの?

もうずいぶん長い間
ニュースになってる
スルガ銀行。

お付き合いのない
地方銀行のことだから
と思ってたけど、

あまりに何度も
ニュースに登場するので

気になって
調べてみました。

調べてみたら

RyoRyo

ひとごとではないかも!


なんて思うことも。

共有しますね!

スルガ銀行問題をおさらい!

スルガ銀行の
何が問題かというと、

営業の
ノルマ至上主義と
恐ろしいパワハラ!

営業の人たちには

地域ごとの事情など
まったくお構いなしに

毎月1億円の
貸付ノルマが
あったそうです。

スルガ銀行は終わった?上場廃止で合併や買収?わかりやすく解説!-1

そして
ノルマ達成のためには

あらゆる書類が
改ざんされていて

スルガ銀行の役員も
それを承知していた

というのですから

わおみゆ

開いた口が
ふさがらない!

そのため

あまりにも悪質と
判断されて、

金融庁から
一部業務停止命令を
受けたんですね。

「一部」業務停止なので
全部ではなく、

おまけに
くわしく公表された
わけではないようですが、

おそらく対象は
投資用不動産向けの
新規融資で

期間は数か月になる
可能性があるそう。

預金の引き出しなどの
窓口業務は

今のところ
通常通り
営業するようです。

問題になったきっかけは?

スルガ銀行問題が
知られるようになった
きっかけは

シェアハウス
投資問題からでした。

「スマートデイズ」という
シェアハウスの
運営会社が

個人に
不動産投資を持ちかけ、

スルガ銀行のローンで
シェアハウスを
買わせたものの、

シェアハウスを
借りる人が集まらず、

1300人もいる
個人投資家たちは

ローンの返済に
困るようになりました。

あげくの果てに
「スマートデイズ」は倒産。

シェアハウスの
オーナーは会社員が多く、

1件あたり
約1億円の借金を
返せなくなった人が続出。

そのため

たくさんのシェアハウスが
売りに出されて
価格が下がってしまい、

1億円で買った
シェアハウスが
何年かで3000万円

つまり

3分の1の価格に
なってしまったのです。

スルガ銀行の
シェアハウス投資向け

融資残高
(ローンの焦げつき)は
約2000億円とのこと。

そして

調べれば調べるほど
悪質だったことが
わかってきたのです。

スルガ銀行はつぶれるの?合併や買収は?

この問題、

営業の現場だけが
ひどかったわけじゃなく

役員が知っていて
ずっと放置状態だった
ということが悪質です。

だから

スルガ銀行の倒産や
合併・買収などが

かなりウワサに
なってるものの

今のところは

何とか乗り切るだろう
と思ってる人が
多いようです。

もともと
「地方銀行の優良児」
扱いだった

スルガ銀行。

トップで
創業者一族の
会長が辞任したそうです。

今回のことで
社内改革が進み、

しっかり
立ち直ってくれれば
一番いいのですが…。

まとめ

では
スルガ銀行問題について
まとめますね。

スルガ銀行は
地方銀行の優良児として
有名だったが、

シェアハウスをめぐる
個人向け不動産投資の
問題から

貸付ノルマ至上主義や
営業への
パワハラ問題が露見。

しかも長年
役員がそれを知りつつ
放置していたことがわかり

創業者一族出身の
会長が引責辞任した。

金融庁による
一部業務停止命令が
出され

体質の根本的改善が
強く望まれている。

RyoRyo

今は
スルガ銀行ばかり
問題になってるけど、

私が気になったのは
ほかの銀行は
本当に大丈夫かということ。


えへんみゆ

ウソは
いつかはバレるからね!