こんにちは!
Ryoです。

フランスでの
ワクチンパスポートの
政府公式発表は
まだだけど

テレビのニュースで
報道されてたので

共有しますね。

ワクチンパスポートがスタート!

2021年5月25日
TF1テレビの
13時のニュースで

ワクチンパスポートが
6月9日からスタートする
って
報道されました。

TF1は国営放送局で

日本で言えば
NHKのキー局に当たります。

このニュースの中では

「わたしたちが
取り入れなければならない
新しい習慣
」って
紹介されてました。

あれ?みゆ

強制なの?


RyoRyo

限られた場所だけ
だけどね!



使い方は?

フランス版の
ワクチンパスポートは

別記事でお話しした
携帯アプリの
一機能なんだけど

テレビのニュースで
紹介されてた使い方は

カフェやレストラン
スポーツジムなどのの
入り口にある

QRコードを
スキャンするというもの。

1度スキャンすると

レストランなどの中に
2時間いると見なされるそうです。

えへみゆ

実際にいるのは
5分だけだったとしても

2時間いたことに
なるんだね!

ワクチンパスポートをフランス語で!意味は?いつからどこで始まる?-2

使う場所

2021年6月9日から

ワクチンパスポートを
使う場所は

【ワクチンパスポートが必要な場所】

  • カフェ・レストランなどの店内
  • スポーツジム
  • 1000人以上が集まる場所のうち

  • イベント・フェスティバルなどの会場
  • 劇場
  • スタジアム
  • なお

    カフェやレストランで
    飲食をする場合でも

    テラス席にいて
    店内に入らない場合は

    ワクチンパスポートが
    いりません。

    また

    1000人以上が集まる場所でも

    図書館・美術館
    映画館・動物園などは
    必要ないとか。

    あれ?みゆ

    慣れるまでは
    ちょっと大変かも。

    ワクチンパスポートをフランス語で!意味は?いつからどこで始まる?-1

    使う目的

    レストランなどに入るときに
    ワクチンパスポートを使うのは

    新型コロナの陽性者が出て

    その人の近くにいた人に
    知らせるのが目的です。

    つまり
    この点だけを見れば

    日本にもある
    接触確認アプリと同じ。

    RyoRyo

    接触確認アプリの機能に
    ワクチン接種証明を
    プラスしたってことですね。

    一度QRコードを読み込んだら
    2時間滞在したことになるので

    その2時間のあいだに
    近くにいた人のうち

    感染者が出たら
    知らせてくれる仕組みです。

    もちろん
    個人情報は伝わらないそう。

    なお

    フランスのワクチン接種も
    日本と同じように
    高齢者から始まって

    中高年の病気がある人
    中高年の健康な人の順番で
    すすんできて

    5月中旬からは
    18歳以上の人全員が
    対象になりました。

    新型コロナにかかっても
    若い人たちには
    症状が出ない場合もあるから

    ワクチン接種に
    積極的になれない人も。

    でも今回

    特に若い人たちが
    行きたがる

    スポーツジムや外食
    イベント会場などに

    ワクチンパスポートが
    必要になるので

    ワクチン接種が
    すすむのは確実。

    実際

    「レストランにも行けないから
    やっぱりワクチン打たなきゃ!」って
    声も聞こえてきます。

    えへんみゆ

    今まで
    ガマンしてたから
    行きたくなるよね!



    ワクチンパスポートにまつわるフランス語

    ところで

    ワクチンパスポートは
    フランス語で

    Pass sanitaire
    (パス・サニテール)。

    パス・サニテールは
    「ヘルス(健康)・パス」
    という意味です。

    「ワクチン」という単語も
    「パスポート」もないので

    将来フランスに行くなら
    覚えといた方がいいですね。

    ワクチンパスポートの使用が
    「新しい習慣」って
    報道されてたとおり

    RyoRyo

    この習慣は
    何年も続きそうですしね!



    まとめ

    では
    フランスでのワクチンパスポート使用開始について
    まとめますね。

    ワクチンパスポートはフランス語で
    Pass sanitaire(パス・サニテール)
    「ヘルス(健康)・パス」という意味である。

    国営放送局TF1のニュース報道によると
    2021年6月9日より

    スポーツジムへの入店や
    カフェ・レストラン等での店内飲食
    1000人以上収容のイベント会場やスタジアム等にて

    QRコード読み込みによる
    ワクチンパスポートの使用が開始されることになった。

    QRコードを読み込んで入店すると
    2時間滞在したと見なされることになっており

    その時間帯に近くにいた人の中に陽性者が出た場合
    通知が来る仕組みになっている。

    接触確認とワクチン接種証明を兼ねた
    ワクチンパスポートの使用開始により

    若い人たちのワクチン接種もすすむことが
    確実視されている。

    RyoRyo

    ヨーロッパで
    ワクチンパスポートが
    成功すれば

    日本にも
    広まりそうですね!