こんにちは!
Ryoです。

少子化が進んでるけど

なぜか私のまわりは
ちょっとした
ベビーブームです。

そこで話題になるのが
配偶者控除。

調べてみました。

配偶者控除の受け方

配偶者控除は

共働きだから
ふだんは受けてないけど

みゆみゆ

育休中は
受けられるかも!


って話しがしばしば。

なので

配偶者控除の基本を
カンタンに
おさらいしますね。

【配偶者控除とは】

夫の所得が
年900万円以下で

妻の所得が
年103万円以下なら

夫が38万円の
配偶者控除を受けられます。

あれ?みゆ

なんだか
よくわかんないな~|

ダンナさんが
38万円トクする
ってこと?


RyoRyo

そうじゃないの!

ダンナさんの
税金を計算する時の

モトになる金額から
38万円引いてくれる
ってことなの!

配偶者控除を受けても

38万円分が
トクにはならないから

よく言われる
「扶養範囲内で」
働くのは

配偶者控除じゃない
場合があります。

社会保険の壁とは?

配偶者控除は
奥さんの所得が
103万円以下
だったけど

よく言われる
「扶養の範囲内」は

社会保険を
奥さんが払わなくていい
130万円以下
のこと。

この130万円が
「社会保険の壁」。

社会保険料は
厚生年金料とセットで

東京都の40歳未満だと
20万円のお給料でも
月額2万8200円。

年33万8400円です。

わおみゆ

配偶者控除より
社会保険が
かからない方が

大きくちがうんだね!


RyoRyo

だから
130万円までは

はたらく人が
多いのよ!

ただし

501人以上の
大企業で
1年以上働いてると

社会保険の壁は
106万円に。

えへんみゆ

みんな
いろいろ工夫して
働いてるんだね!



産休や育休中はどうなるの?

ところで

オメデタ続きの
友人たち。

バリバリ働いてきたけど
育休もしっかり取って

赤ちゃんの時ぐらいは
子どもといっしょに
って考えてます。

配偶者控除の受け方!育休手当の扱いは?お互いには受けられないの?

そこで話題になるのが

配偶者控除だったり
扶養範囲内での仕事だったり

さらには
育休手当のこと。

ええ?みゆ

育休手当もらったら
扶養範囲じゃなくなる~
なんて心配してたね!

でも

友人の一人が聞いた
うれしいニュース!

産休や育休中は
社会保険料が免除に

なるんだそうです。

だけど

育休手当も
社会保険料の免除も
申請が必要です。

会社などの
勤務先を通してする
手続きなので

みゆみゆ

聞いてみようね!


RyoRyo

どちらも
公的な制度だから

会社の大小は
関係ないハズですよ!



配偶者控除を夫婦両方で受けられる?

さらに話しは変わって
配偶者控除の
話題に逆もどり。

友人たちの中には
奥さんがダンナさんより
稼いでる人たちもいて

ダンナさんが
扶養範囲内で
働いてたり

夫婦2人とも
バイトだから

お互いに
配偶者控除を受けたい
なんてカップルも。

この2つのケース

ダンナさんが
扶養範囲内で働いたり

奥さんが
配偶者控除を受けたりは
OKだけど

夫婦2人両方の
配偶者控除は
ムリです。

RyoRyo

夫婦のカタチも
いろいろですよね!



まとめ

では
配偶者控除などについて
まとめますね。

夫婦どちらかの所得が
年900万円以下で

もう片方の所得が
年103万円以下なら

高所得の人が38万円の
配偶者控除を受けられ

そのことにより
払うべき税金が安くなる。

配偶者控除の限度額
年103万円を超えても

年130万円以下なら
社会保険料かからず

一般に「扶養範囲内」とは
年130万円以下のことを指す。

ただし

産休・育休中は
申請によって
社会保険料が免除される。

また
出産等に関わらず

夫婦とも低収入であっても

夫婦両方が同時に
お互いに配偶者控除を
受けることはできない。

RyoRyo

育休手当や
社会保険料の免除などの

申請は
忘れないでくださいね!