こんにちは!
Ryoです。

引っ越しって

荷造りなどの準備や
当日の作業もだけど

いろんなところへの
届け出などの

手続きが
大変ですよね?

でも

2019(令和元)年5月に
「デジタル手続き法」が
成立したから

もうすぐ

引っ越しの手続きが
う~んとラクに!

どうなるのか
調べてみました。

2019(令和元)年6月現在の引っ越し

デジタル手続き法はできたけど

引っ越しの手続きは
まだ変わってません。

現在の手続きを
カンタンにまとめてみます。

市区町村への届け出

引っ越しには

最低でもこれだけの
届け出が必要で

何度も
役所へ行かなきゃなりません。

【市区町村への届け出】

転出・転入届
(他市区町村へ引っ越す場合)

転居届
(同一市区町村へ引っ越す場合)

マイナンバーの住所変更

印鑑登録の住所変更


ほのほかの市区町村への届け出

そのうえ

子どもがいたり

高齢になった親などと
いっしょに住んでたり

国民健康保険などに
加入してたり

犬を飼ってたりすると

手続きは
その分複雑になります。

【そのほかの市区町村への届け出】

子どもの検診補助券の手続き

児童手当の住所変更

転園、転校の手続き

介護保険の住所変更

国民健康保険の手続き

国民年金の住所変更手続き

犬の登録
など

引っ越し手続きがワンストップに!運転免許や銀行も土日にまとめて!

役所以外での届け出

さらにさらに

届け出は
役所だけじゃなくて…

【役所以外での届け出】

電力・ガス・水道の変更手続き

自動車・バイクの住所変更手続き

銀行口座の住所変更手続き

郵便局での住所登録

火災・地震保険の住所変更手続き

携帯電話やネット契約の住所変更

クレジットカードの住所変更手続き

※注:
電話やインターネットで
できる手続きもあります。

え?みゆ

引っ越しって
本当に大変なんだね!


RyoRyo

荷造りや荷ほどきで
体力的にも大変なのに

届け出のために
いろんなところに
行かなきゃいけないし

平日の日中しか
行けないところも多いのよ!



引っ越し手続きはワンストップになる!

デジタル手続き法が
できたことによって

ネット上で
住民票の
移転手続きをすれば

その情報をもとに

電気・ガス・水道などの
契約更新も

一括して
行なえるように!

引っ越し手続き以外にも
準備が整った分野から

2019年度内にも
順番に実施されるそうです。

えへみゆ

ネットでできるんだから

土日や平日の夜でも
ササっと
済ませられるんだろうね!


RyoRyo

「昔は
引っ越しって
大変だったのよ~」
な~んて

話す時代が
もうすぐ来るんでしょうね!



デジタル手続き法の基本原則

引っ越し手続きの
ワンストップには

デジタル手続き法が
大きく関係してるけど

この法律の基本原則が
3つあるそうです。

【デジタル手続き法の基本原則】

1. 手続きをオンラインで完結

2. 民間を含め手続きを一括して処理

3. 一度提出した情報は再提出不要

2019(令和元)年
6月10日現在

引っ越し手続きの
ワンストップサービスは

実証実験をするための
公募をしてる段階で

これから
実証実験をして

制度が
できることになります。

実際に
できあがる制度や
運用などが

デジタル手続き法の
基本原則をもとにしてて

わたしたち利用者の
負担が軽くなったり

行政の効率化に
なったりしてるかは

えへんみゆ

ちゃんと
見張ってなきゃね!



引っ越し手続きのワンストップ化に必要なもの

とっても便利になる

引っ越し手続きの
ワンストップ化だけど

ネットのできる
パソコンのほかにも

必要になるものがあります。

それは

本人確認のための
マイナンバーカード。

まだ持ってない人も
多いみたいだけど

引っ越しが
うんとラクになるし

引っ越し以外の分野でも
思いっきり変わるだろうって
言われてます。

RyoRyo

マイナンバーカードを
持つメリットが
大きくなれば

みんながつくるように
なるかもしれませんね!



まとめ

では
引っ越し手続きのワンストップについて
まとめますね。

2019(令和元)年
5月に成立した
「デジタル手続き法」によって

引っ越し手続きの
ワンストップ化が
検討されている。

現在の引っ越しでは
転出・転入届以外にも

役所だけではない
様々な場所で
様々な届け出の必要があるが

ワンストップ化の実現により

土日や平日の夜間でも
インターネット経由で

一括手続きが
行なえるようになる
見込みである。

現在は
実証実験の
公募を行なっている段階で

実証実験を経て
制度設計された後に
運用される。

運用にあたって
必要になるのは

ネット環境にある
パソコンのほか

本人確認のための
マイナンバーカードである。

マイナンバーカードの
普及率は
依然として低いが

引っ越し手続きの
ワンストップ化だけではなく

様々な制度の
簡略化が見込まれており

マイナンバーカードを
持つメリットが
大きくなれば

普及率も上がると
期待されている。

RyoRyo

せっかくできた
法律だから

しっかり役に立つ
制度にしてほしいですね!