こんにちは!
Ryoです。

東京証券取引所が
市場再編をするって言われてます。

株価にも大きく影響しそうなので

2019年3月31日現在の区分と
議論されてる再編後の区分を
調べて

わかりやすくまとめてみました。

2019年3月31日現在の東証市場区分

2019年3月31日現在の
東証(東京証券取引所)には
4種類あります。

「市場第一部」「市場第二部」と
新興市場の「ジャスダック」「マザーズ」です。

それぞれの市場区分と企業数は:

【東証の市場区分と企業数】
  -2019年3月20日現在-

市場第一部:2139社
市場第二部:492社
ジャスダック:720社
マザーズ:280社

みゆみゆ

市場第一部が
とっても多いんだね!


RyoRyo

そうなの!
全体の59パーセント
つまり6割近くが市場第一部なのよ!

東証が
市場を再編しようとしてるのは

市場第一部
いわゆる「東証一部上場企業」が
増えすぎたことが原因とか。

あれ?みゆ

どうしてそんなに増えたの?


RyoRyo

きっかけは
リーマン・ショックかな?



東証一部企業が増えた原因

ほんの数年前までは

「東証一部企業」と言えば
誰もがうらやむ優良企業だったけど

RyoRyo

なんだかたくさんあるな~


とは感じてたものの

いつのまにか
2000社以上にもなってました。

あれ?みゆ

日本の経済が発展したのかな~?
でもずっと
不景気だったんじゃなかったっけ?


って思いませんでしたか?

でも東証一部企業が増えたのは
景気がよくなったおかげでも
経済の発展のおかげでもなく

リーマン・ショックの
影響だったみたいです。

世界も日本も
経済が大変なことになっちゃったから

東証一部上場の条件がゆるくした
つまり
上場のハードルが下げたことが原因。

企業価値を示すには

株価×発行済み株式数で計算できる
「時価総額」が使われますが

2012年まで一部上場するには
時価総額が500億円以上の企業が
条件だったけど

2012年に半分の250億円に下がって

その後
二部やマザーズからの上場なら
40億円でもいいことになっちゃったから

一部上場のハードルが極端に下がって

いひひみゆ

たくさん入れるように
なったんだね!

その結果

一部上場企業が6割もある
逆三角形の市場ができあがった

というワケです。

東証の市場再編計画とは

東証だけじゃなく
すべての証券取引所にとって

むかしから上場してて
優良企業だって思われてるから
成長しようとしてない

とか

一部上場のハードルが下がったから
本当はそれほどでもないんだけど
優良企業の仲間入りをしちゃった

ええ?みゆ

な~んていう企業は
やっかいだろうね!

そういう企業は
時価総額が低いから

ネームバリューよりはデータを見てる
外国人投資家などから
嫌われちゃってるからです。

外国人投資家は
売買金額の6割もいるので

東証としては
対策をしなきゃいけないんですね。

そのため

2018年10月に
有識者懇談会がつくられて

東証の市場区分が
再編されることになるようです。

東証プレミアム市場とは!上場基準や時価総額の条件は?いつから?-1

東証の新しい市場区分とは

ここからは
ウワサの域だけど…。

2019年3月末をメドに見直してる
東証の新しい市場区分は
3種類って言われてて

「プレミアム市場」「スタンダード市場」
新興企業の「エントリー市場」に

なるようです。

はじめのうち
プレミアム市場は
数がきびしく絞り込まれるハズだったのに

どうも足切りラインが
ゆるくなりつつあるようです。

みゆみゆ

どうして
きびしくしないの?


RyoRyo

今ある一部上場企業が
とっても反発してるからなの。

当初の足切りラインは
時価総額1000憶円以上だったけど

500億円以上とも
250億円以上とも言われてるとか!

足切りラインごとに

市場一部から降格して
プレミアム市場には上場できない
企業数をまとめますね。

【時価総額ボーダーラインと降格する企業数】

1000億円の場合:7割(1400社)が降格

500億円の場合:5割(1100社)が降格

250億円の場合:3割(700社以上)が降格

ボーダーラインが
1000憶円になる場合は

7割の企業が落ちてしまって
上位の700社しか
プレミアム市場に残れないそうです。

ということは
有名企業であっても
残れない可能性があるとか。

たとえば
ワタミやテレビ東京HDなど

誰もが知ってる企業も
降格しちゃう可能性が高いそうです。

今や外国人投資家が
日本の企業を変えてる時代なので

東証の市場再編は
そのうちの1つに過ぎないのかもしれません。

まとめ

では
東証プレミアム市場について
まとめますね。

2019年3月31日現在の東証は

市場第一部:2139社
市場第二部:492社
ジャスダック:720社
マザーズ:280社

という構成になっているが

長年上場していて
成長努力をおこたる企業もあって

データを重視する傾向があり
全体の売買金額の6割を占める
外国人投資家からの評判がよくないため

市場再編がすすめられていると
言われている。

「プレミアム市場」「スタンダード市場」と
新興企業の「エントリー市場」の
3種類が検討されており

2019年3月末をメドに
答申がまとまる見通しである。

プレミアム市場のボーダーラインは
時価総額1000億円以上が
検討されていたが

既存の一部上場企業の反発で
500億円または250億円になると
言われている。

RyoRyo

一部上場企業が降格すれば
株価に直接影響しそうだから

東証としては
「想定内」だったかもしれないけど

「足切り」への反発が強くて
予定通りに進められるかどうかは
わからないですね!