こんにちは!
Ryoです。

2020年4月から

公立だけじゃなく
私立高校も授業料が実質タダになるって
知ってますか?

くわしい内容を
調べてみました。

私立高校授業料無償化とは?

高校の授業料には
2019年3月現在でも
国の「就学支援金」があります。

この制度は
私立高校に通ってても
公立高校の授業料分の金額をもらえる制度。

親の年収が910万円未満なら

年収額によって
年額11万8800円から
29万7000円がもらえます。

私立高校授業料無償化はいつから?所得制限は?神奈川県を例に説明!-1

2020年4月から始まる
私立高校授業料の実質無償化は

親の年収が590万円未満で
私立高校に通ってる人たちの
就学支援金の金額を引き上げるものです。

みゆみゆ

わ~い!
授業料をぜんぶ払ってくれるんだね!


RyoRyo

「ぜんぶ」払ってくれる
ってわけじゃないのよ!

「私立高校授業料無償化」って呼ばれてるけど
「完全無償化」じゃなくて
「実質無償化」なので

就学支援金の金額が引き上げられるのは
全国の私立高校の授業料の平均額までで
年額40万円ぐらいだそうです。

引き上げ額のイメージは
親の年収ごとに
こんな感じになるそうです。⤵

私立高校授業料無償化はいつから?所得制限は?神奈川県を例に説明!-3

みゆみゆ

通ってる私立高校の授業料が

平均額より高かったり
安かったりする場合は
どうなるの?


RyoRyo

2020年4月から始まるのは
国の制度だけど

もうすでに始まってる
神奈川県の例があるから
参考になると思うの!



神奈川県の私立高校授業料無償化について

国の制度に先がけて
神奈川県では私立高校授業料無償化が
もう始まってます。

2018(平成30)年度の
神奈川県の私立高校の授業料の
平均額は年額43万2000円で

神奈川県の制度では
親の年収額が750万円まで
公立高校の授業料よりもプラスされてます。

実際の支払額のイメージは
こんな感じです。⤵

私立高校授業料無償化はいつから?所得制限は?神奈川県を例に説明!-2

みゆみゆ

神奈川県では
入学金の補助もあるんだね!


RyoRyo

そうなの!

神奈川県の授業料支援金の手続きの流れ

神奈川県では

私立高校の授業料の支援金の
申し込みやお金の受け取りは
すべて高校を通して行なわれてて

実際の手続きは
すべて高校入学後にされてます。

高校に入学したらすぐ
4月のうちに学校で申し込みをします。

神奈川県からの支援金は
高校あてに振り込まれるので

入学した高校の授業料が

神奈川県の平均額である
43万2000円よりも高かったら
差額分だけが請求されて

43万2000円よりも安かったら
請求はありません。

みゆみゆ

たとえば高校の授業料が
40万円だったら
3万2000円もらえるの?


RyoRyo

43万2000円は
支援金の「最高額」だから

授業料がそれより安い場合は
誰ももらえないのよ!

国としての支援金制度の意義

ところで
神奈川県の授業料支援金は

保護者である親と生徒の両方が
神奈川県に住んでて

神奈川県にある私立高校に
通ってる場合のみもらえる制度。

神奈川県以外に住んでて
神奈川県の高校に通ってても
支援金はもらえません。

国としての
私立高校の授業料支援金制度が始まれば

キラみゆ

住んでる場所や高校の場所に
関係なく支援金がもらえるね!



まとめ

では
私立高校の授業料無償化について
まとめますね。

2020年4月より
国の私立高校の授業料無償化が始まる。

その内容は
現行の「就学支援金」の拡充によって

年収590万円未満の家庭を対象に
私立高校授業料の全国平均額の
年額約40万円まで

支給額の上限を
引き上げるというものである。

これにより
私立高校の授業料が
全国平均以下の場合は実質無償となる。

神奈川県では
2019年3月現在
すでにこのような制度が始まっている。

2018(平成30)年度は

神奈川県の私立高校の授業料の
平均額である43万2000円までが
支援金の最高金額であり

親の年収が750万円までは
支援金が支払われている。

ただし神奈川県の場合

支援金の対象になるのは
親子とも神奈川県在住で
神奈川県の高校に通っている場合のみである。

国としての支援制度は
住む場所や学校の場所などが自由になるという
意義がある。

RyoRyo

「ウチはお金がないから
私立の高校には行けない」などの
不公平を減らす制度ですよね!