こんにちは!
Ryoです。

2018年12月に
改正水道法が成立しました。

電気やガスは
すでに民営化されてるけど

え?みゆ

水道はどうなるの?
料金が安くなるの?

外国に乗っ取られるって
ウワサもあるけど?


などなど

情報が乱れてるので
調べてみました。

水道民営化は電気やガスとはちがう

ふつうの市民にとって
電気・ガス・水道と言えば

生活になくてはならなくて
使用料金を払って
使ってるものなので

RyoRyo

すべて同じように
考えますよね?


電気とガスは
すでに民営化されてて

料金やサービスを見て
自由に会社を
選べるようになりました。

「水道民営化」と聞けば
電気やガスの民営化と
同じように考えちゃうけど

同じには
ならないんだそうです!

水道民営化をわかりやすく!時期はいつから?嘘やデマに要注意!-1

「民営化」だから

将来的には
業者が入るようになるけど

電気やガスのように
家ごとに業者を
選ぶんじゃないそうです。

業者を選ぶようになるのは
自治体ごと

つまり
市町村ごとになる可能性が
とっても高いそうです。

みゆみゆ

な~んだ!
電気やガスみたいに
「まとめておトク」みたいな
サービスにはならないのね!



どうして水道民営化をするの?

あれ?みゆ

でも
市町村ごとなんだったら

別に民営化なんて
しなくてもいいんじゃないの?


RyoRyo

日本の水道が
大変になっちゃってるから

民営化して
解決しようとしてるの!


日本は
世界でもめずらしいほど
水に恵まれてる国だけど

豊富な水源とは
別の問題があるそうです。

それは
水道管が古くなったこと。

日本で水道が
全国的にととのったのは
1970年代で

水道管の寿命が
40年ぐらいなので

もうほとんどの水道管が
交換時期を迎えてたり
とっくに過ぎてる状態とか。

水道管が古くなれば
水が漏れたり
水質が悪くなったり

ひどくなると
水道管の爆発も。

全国のあちこちで
古くなった水道管の
トラブルが起きてるそうです。


水道管の交換費用が高い

もう待ったなしの状態にある
日本の水道管だけど

取り換えには
とってもお金がかかるそうです。

1kmの水道管を換えるのに
1億円以上かかるとか!

取り換えなきゃいけない
水道管の長さは

全国で
10万kmと言われてるので

10兆円以上かかる
計算になります!

みゆみゆ

だから民間にまかせて
競争しながら
うまく
やってもらおうってわけね!


RyoRyo

借金や労働組合で
大変だった国鉄も

JRになって
うまくいったからかな?



コンセッション方式になる

ただし
水道民営化は

水道事業のすべてが
民営化されるわけじゃありません。

コンセッション方式と言って

設備の所有権はそのままで
運営権だけを
民営化するんだそうです。

つまり

浄化施設や水道管などの
持ち主は変わらないけど

「それを使って
ある程度は自由に
ビジネスをしていいよ」
ということですね。

その判断は
国じゃなくて
自治体がしていくんだそうです。

水道民営化の時期はいつから?

水道法改正は成立したので
民営化は決まったけど

国の一括事業じゃないし
いろいろと調整もあって

ただし
水道管のトラブルは
待ったなしなので

自治体によっても
かなりちがうはずだけど

早いところでは
2020年ごろから

と言われてます。

ウソやデマなどに気をつけよう

水道民営化で気になるのが
おかしな情報が多いこと。

そのうち
「水道民営化サギ」みたいな
犯罪も出てくるだろうけど

もうすでに
おかしな情報が目につきます。

そのもっとも代表的なのが

「日本の水道が
海外の企業に乗っ取られて

私たちは高い水道料金を
払わされるだろう」というもの。

外国人や外国企業が
コワいというのは
今に始まったことじゃないけど

こういうことを言ってる人は
何年か前の

「外国人が日本の水源地を
買い占めてる(らしい)」という
報道を覚えてて

RyoRyo

そういうことを
言うんじゃないかな
と思います!


でも
そもそも

水道民営化の対象になる
水道設備の運営権と

土地としての水源地は
まったく別のモノなので

この2つを一緒に考えるのは
まちがってます。

マスコミも不安をあおらないで!

また
きちんとしてるはずの
マスコミの報道も

よけいな不安をあおるような
記事や番組ばかりのようです。

日本では
はじめての取り組みなので

海外の事例を
紹介するのはいいけど

水道料金が極端に上がったとか
水質が極端に落ちたとか

水道料金が払いきれなくなって
井戸水の生活に戻ったなんて

ネガティブな話しばっかり!

そもそも

水道設備が古くなって
困ってるから始める
民営化だから

水道料金が上がるのは
ふつうのことで

それを少しでも
おさえてもらいつつ

今あるサービスを
維持してほしいってことのはずです。

公共事業のままにしてたら
災害になりかねない
状態になると思います。

本来あるべき
マスコミの姿勢は

現在の状況を
きちんと正確に説明して

努力をしながら
いいサービスを
提供してくれる
企業の応援になるような

世論づくりを
バックアップすることのはず。

RyoRyo

なんだか
とっても残念です!



まとめ

では
水道民営化について
まとめますね。

2018年12月に成立した
水道法改正により
水道民営化が決まった。

コンセッション方式により
設備等の所有権はそのままに
経営権のみが民営化される。

その判断は
各自治体がおこなうが

早ければ
2020年から始まると思われる。

しかしながら
水道民営化は
電気・ガスの場合と異なり

水道管等の老朽化に
適正に対処するものであり

民営化の成功には
適切な情報開示による
世論づくりが欠かせない。

インターネット上の
誤解した人々の書き込みが

外国人や外国企業への
不必要な不安をあおるのみか

本来ならば
世論形成にかかわるべきである
マスコミまでが

海外の極端な
失敗例ばかりを報道しており

果たすべき使命を
放棄しているように見える。

RyoRyo

生きてくためには
どうしても必要な水のこと。

情報をしっかり
見極めていきたいですね!