こんにちは!
Ryoです。

イエメンで内戦が始まって
もうすぐ4年。

国連が
「世界最悪の人道危機」だと言う

イエメン内戦を終わらせる
大きなチャンスが来てるそうです。

日本ではあまり報道されない
イエメンのこと。

何が起きてどうなってるのかを
調べてみました。

イエメン内戦とは

まずは
イエメンのある場所から。

アラビア半島の南なので
地図で言うと
サウジアラビアの下側にあります。

イエメン内戦をわかりやすく!現状と解決策は?代理戦争の理由とは?-1

青でかこんだところが
イエメン。

青い文字で書いた
「ホダイダ」は

「フダイダ」とも呼ばれる
小さな港町ですが

この戦争では
だいじな港なので
覚えておいてくださいね。


イエメンという国

21世紀のイエメンは
「中東でもっとも貧しい国」

だそうです。

むかしは豊かな国だったので
「幸福なアラビア」と呼ばれたり
貿易がさかんだったりしたようです。

イエメンでは
1978年から独裁政権が続いてたけど

2010年12月に
北アフリカのチュニジアで始まった

「アラブの春」と呼ばれる
反政府デモが広がったので
独裁が終わりました。

ただし
独裁が終わったと言っても

「独裁者の大統領が
副大統領に権利をわたしただけ」。

いちおう選挙はしたけど

立候補したのは
権利をもらった
もとの副大統領だけでした。

みゆみゆ

新しい大統領は
国際的に認められてるの?


RyoRyo

公平な選挙だったって
認められたから

サウジアラビアや
アメリカなどの
多くの国が支援してるみたい。



フーシ派について

「アラブの春」が始まったのは
2010年の終わりだけど

イエメンでは
「フーシ派」と呼ばれるグループが
その前から活動してました。

フーシ派というのは
正式な名まえじゃないけど

「フーシ」は人の名まえです。

フーシ派は
2012年の大統領選をボイコット。

そのあとも
いろいろあったけど

2015年1月に
クーデターを起こします。

クーデターは成功したけど

2015年3月には
サウジアラビアなどが
フーシ派に空爆を始めます。

それから一気に
内戦がひどくなりました。


代理戦争に

イエメンの内戦は

「大統領派」と
「フーシ派」が争ってるけど

大統領派は
サウジアラビアなどが支援

フーシ派は
イランなどが支援してます。

イスラム教には

大きくわけて
「スンナ(またはスンニ)派」
「シーア派」の2つがあって

スンナ派は
サウジアラビアがリーダー

シーア派は
イランがリーダーになってます。

つまり

イエメン内戦は
イスラム教の宗派どうしの
戦争になってしまってます。

この2つのグループは
2019年現在でも
カタールでも問題になってるし

それより前には
イラン・イラク戦争も
起こしてます。

無口みゆ

ふつうのイスラム教徒は
平和を願ってる人たちなのに

石油の利権なんかで
戦争になってる…。



イエメンの現状

2015年3月の空爆から
戦争がひどくなって

一般市民が巻き添えに
なってしまってます。

すでに
1万人を超える人が亡くなって

人口の半分にあたる
1400万人が食糧不足に苦しんで

800万人以上が飢餓状態で
そのほとんどが子どもだそうです。


和平のきざし

たくさんの人たちが
何年にもわたって苦しんだけど

ようやく明るい知らせが!

2018年12月6日から

日本を含む
19カ国の外交関係者と

イエメンの内戦当事者との
話し合いが始まったそうです。

さらに1週間後の
2018年12月13日には

国連が中心となって
和平協議をして

大統領派・フーシ派
両方の代表が

ホデイダでの
部分的な停戦で合意!

みゆみゆ

ホデイダは
最初に見た地図にあった
小さな港町だよね!


RyoRyo

うん!
ここはフーシ派が
支配してたらしいの。


さらに2週間後の
2018年12月29日からは

フーシ派が
撤退を始めてるそうです。

ホデイダは

国連などが運ぶ
食料や救援物資が
到着する港だったけど

戦闘がはげしくて
物資が届けられなかったそうです。

撤退が始まったとは言っても
停戦合意が守られるかどうかを

みゆみゆ

国際社会が応援しないとね!

つぎの和平協議は
2019年1月中に
行われる予定だそうです。

RyoRyo

フーシ派が
撤退するだけじゃなく

サウジアラビアなども
空爆をやめてもらいたいし

イランも
フーシ派への武器支援を
やめてもらいたいです!



モカについて

イエメン内戦とは
なんの関係もないけど

内戦のこと以外で
勉強になったことがあります。

それは
「モカ」!

モカコーヒーのモカです。

イエメンにある
小さな小さな港町とか。

イエメン内戦をわかりやすく!現状と解決策は?代理戦争の理由とは?-3

ホデイダの南側
(地図の下側)ですね。

コーヒーの原産地は
アフリカのエチオピアだけど

15世紀から
コーヒーを世界に広めたのは

アラビア半島の商人で
モカの港が使われたそうなのです。

イエメン内戦をわかりやすく!現状と解決策は?代理戦争の理由とは?-2

モカの港からは
イエメン産コーヒー
エチオピア産コーヒーの
両方が出荷されて

両方とも
モカコーヒーと呼ばれ

イエメン産コーヒーを
区別する時は
モカ・マタリと呼ばれるそう。

モカの港が
今どうなってるのかは
わかりませんが

RyoRyo

はやく平和になってほしいですね!



まとめ

2015年3月からの戦闘がはげしい
イエメンの内戦だが

2018年12月から
和平のきざしが見えてきた。

大統領派を
サウジアラビアなどが

対立するフーシ派を
イランなどが支援し

イスラム教で対立する
2つの宗派による

代理戦争のように
なってしまっていたが

国際社会の協力により
内戦当事者間の協議がすすみ

2018年12月13日に停戦合意し
その合意に基づいて

2018年12月29日からは
フーシ派が支配していた港町
ホダイダからの撤退が
始まっている。

国際社会は引き続き
停戦合意が守られるように
支援する必要がある。

RyoRyo

石油資源を輸入する
日本だからこそ

サウジアラビアと
イランの両方と
仲良くできてますよね?

こういう時にこそ
ぜひ役に立ってほしいです!