こんにちは!
Ryoです。

2019年1月7日からは
日本を出るときに

国際観光旅客税という
新しい出国税が
かかるそうです。

2018年12月に

使い道の基本方針が
変わったところもあるとか。

調べてみました。

国際観光旅客税とは

国際観光旅客税は
出国税なので

日本を出るときに
払う税金です。

日本人・外国人に関係なく
1人当たり1000円です。

子どもは
2歳未満なら対象外です。

2019年1月7日以降に
出発する

飛行機や船の
チケットを買うと

チケット代金のなかに
含まれるそうです。

ええ?みゆ

航空券を買うと
いろいろ払ってるけど
出国税じゃなかったの?


RyoRyo

空港使用料や
燃油サーチャージね!
出国税は
それとは別に
払うことになるの。



国際観光旅客税が免税なのは?

日本を出るときには
全員が払わなきゃいけない
国際観光旅客税ですが

免税になる場合もあります。

免税になる人とは

2歳未満の子ども
日本での乗り継ぎ旅行者
航空機などの乗務員

です。

国際観光旅客税の徴収方法と使い道!いつから?日本人や子供も払う?-1

そのほか

日本から出発したけど
飛行機の都合で引き返した人

とか

日本に来るつもりはなかったけど
飛行機の都合で来ちゃった人

などは
払わなくていいそうです。

RyoRyo

ふつうに旅行する場合は

知らない間に払ってる税金
ってことになりそうですね。



国際観光旅客税の使い道は?

しょっちゅう
海外に行く人にとっては

あまりうれしくない
国際観光旅客税ですが

RyoRyo

その使い道を見ると
払うのも
しょうがないかな~
って思いました。


まとめますね。

【国際観光旅客税の使い道】

訪日外国人旅行者を
2020年に4000万人にするために:

快適に旅行できる環境を整備する

日本の魅力に関する情報発信をする

体験型滞在用の観光資源を整備する


国際観光旅客税の2019年度予算は?

国際観光旅客税の
2019年度予算を見てみると

RyoRyo

500億円もあって
ちょっとビックリしました!


500億円を
1人当たりの1000円で割ると
5000万人分!

そういえば

2018年12月に
訪日外国人が3000万人になった
っていうニュースは見たけど

日本に来る外国人は
さらに増え続けて

日本人が
外国へ行く数を含めると

わおみゆ

5000万人って
数になるんだね~!


そして
500億円の使い道は

環境整備  :223.7憶円
情報発信  : 51.5億円
観光資源整備:224.8憶円

になってました。

たとえば
東京だけを見ても

大きな駅なのに
エレベーターがなかったり
妙に複雑だったりします。

日本人だって
はじめて東京に来たら
迷ってしまうような
ところなのに

あれ?みゆ

日本語がわからない
外国人はどうしてるんだろうね?


人口が減ってるから
観光立国をめざすのは
わかるけど
RyoRyo

その割には
不便だな~
って思ってたので

ちゃんと
使ってくれるんなら
いいと思います!



まとめ

では
国際観光旅客税について
まとめますね。

2019年1月7日から
新しい出国税の
国際観光旅客税が
はじまる。

日本人・外国人を問わず
2歳未満の幼児をのぞいて

日本を出国する人が
支払うことになり

飛行機や船のチケットに
含まれる形で徴収される。

ただし

日本での乗り継ぎ旅行者
航空機などの乗務員

または

航空機の都合などで
予定なく日本に来た人や

一度出国したものの
航空機の都合で
引きかえした人などは

徴収されない。

国際観光旅客税の
使途としては

訪日外国人旅行者の
2020年4000万人達成のための

環境整備・情報発信・
体験型滞在用観光資源整備の
3つである。

2019年の予算には
500億円を見込んでいる。

RyoRyo

日本に来る外国人って
2003年に
約500万人だったのが

2013年に
1000万人を超えて

2018年には
3000万人越え!

やっぱり対策が
必要ですよね!