こんにちは!
Ryoです。

日産自動車の前会長
カルロス・ゴーン氏が
特別背任で逮捕されましたが

18億5000万円もの
損失を出したというのは
「為替スワップ」取引でした。

みゆみゆ

何をどうしたら
そんなに損するの?


って思ったので
仕組みを調べてみました。

為替スワップ取引とは

「為替(かわせ)スワップ」
の前に

え?みゆ

為替がよくわかんないよ~!


RyoRyo

為替から説明するね!


「為替(かわせ)」っていうと
郵便為替がありますが

お金を送ったり
受け取ったりするときに
便利ですよね?

現金じゃないから安全だし
コインが必要になる
ハンパな金額でも送れます。

為替とは
現金を使わずにする
お金の移動手段のことです。

そして為替には2種類あって

日本国内でおこなう
内国(ないこく)為替と

外国との間でおこなう
外国為替です。

外国為替は

ドルやユーロなどの
外国のお金との
両替になることが多いです。

カルロス・ゴーンさんの
為替スワップ取引は

円とドルでおこなう
外国為替によるものでした。

そして
「スワップ」は「交換」の意味。

「為替スワップ」は
外国のお金と交換をするための
取引ですが

ふつうの人は
できない取引です。


為替スワップはプロの取引

なぜ
為替スワップ取引が
ふつうの人にできないかと言うと

為替スワップは
銀行がほかの銀行とおこなう
プロの取引だからです。

1年で
ふつうの人が一生かかっても
もらえないような金額を
もらってきた

カルロス・ゴーンさんなので

みゆみゆ

やることも
ケタちがいってことね!


カルロス・ゴーンさんは

日産自動車から
日本円で
お金をもらってきましたが

あまり日本にいないし
家族も外国にいることが
ほとんどなので

少しでも有利に
アメリカドルが
ほしかったようです。

そこで始めたのが
アメリカドルとの
為替スワップ取引でした。


予約レートという仕組み

ところで
話しは変わりますが

もしも
あなたが輸入をしたくて

しかも売主は
アメリカドルしか受け取らない
と言ったら

どうしますか?

ふつうは銀行などで
ドル建てでお金を送ります。

そのとき
銀行のなかでは

あなたが払った日本円を
ドルに交換してるので

銀行があなたのかわりに
ドルを買ってます。

もちろん

銀行は手数料をもらって
こういうサービスをします。

でも輸入が
あまり急ぎじゃないけど

あなたにとって
けっこうな大金だったら

ドルが安くなるまで
輸入するのを
待ちたいと思いませんか?

そうすると
輸入業者みんなが
ドルが安くなるのを待ってしまって

銀行は長い間
手数料をもらえなくなるので

考え出されたサービスが
「予約レート」というもの。

期限付きだけど

「1ドル〇〇円で
〇〇ドル分を予約する」
なんてことが

貿易会社と銀行で
よくおこなわれてます。

ただしこれは
ふつうの会社の場合。

カルロス・ゴーンさんは
その上のことを
やってたようです。


為替スワップはリスクが低いはず?

あれ?みゆ

予約レートはわかったけど

そもそも
どうして銀行は

上がるか下がるかわかんない
レートの予約なんかできるの?


RyoRyo

予約レートを
手に入れるための仕組みが
「為替スワップ」なのよ!


銀行は
お金を商品のように扱う
プロなので

お金を
売ったり買ったりします。

たとえば
輸入をしてる会社が

3か月先に
ドルでの支払いをしたいなら

銀行は
ドルを買うのですが

今すぐにドルを買って
持ってるだけだと
損をするかもしれません。

為替取引には
今すぐにする取引のほかに

将来のためにする
先物(さきもの)取引があるので

銀行は
その両方を同時に
売り買いすることによって

損を出さずに
ドルを買ってくるのです。

この
今すぐの取引と
将来のための先物取引を
同時にしてしまうのが

為替スワップ取引。

プロがやってるくらいなので
ふつうなら
リスクが低い取引のはずでした。


2008年のリーマンショック

カルロス・ゴーンさんが
為替スワップ取引を
始めたのは

2008年の夏だそうです。

ところが

2008年の秋には
リーマンショックがおきました。

アメリカの投資銀行だった
リーマン・ブラザーズが
急に破たんしたため

世界中の
いろんな人や会社が
損をしました。

わたしたちも
多かれ少なかれ
影響があったのですが

カルロス・ゴーンさんは
やることがケタちがいだから
損もケタちがいでした。

18億5000万円だそうです。

リーマンショックをグラフで見ると

「ショック」という
名まえですが

「恐慌」だったと
言われてる
リーマンショック。

グラフで見てみると

為替スワップとは何かを簡単に!仕組みは?ゴーン氏の投資はいくら?-1

1ドル110円ぐらいから
一気に
1ドル90円ぐらいに。

20パーセント近くも
円高が進んだことになります。


投資ってコワイ?

あれ?みゆ

でも
ゴーンさんは
日本円でお金をもらってたから

円高になったのは
よかったんじゃないの?


RyoRyo

投資をしてたのが
ウラ目に出ちゃったよね!

カルロス・ゴーンさんの
具体的な投資額などは
わかりませんが

損失が
18億5000万円なので

数十億円以上の
投資をしてたのは
確実でしょうね。

ただしこの金額は
評価損なので

実際に損した金額じゃないし

為替スワップ取引には
日本とアメリカの金利も
関係してくるので

単純に計算できないようです。

金融恐慌だったリーマンショック

2008年の夏に投資して
同じ年の秋に
リーマンショックがおきたから

ある意味
ゴーンさんは
ツイてなかったかもしれません。

でも

アメリカでは大きな銀行が
バタバタと音を立てるように
なくなってしまったほどなので

RyoRyo

ゴーンさんだけが
損をしたわけでもないでしょうね。


2018年12月になって
問題になってるのは

カルロス・ゴーンさんの損を
日産自動車という会社に

背負わせてしまったかも
しれないということ。

RyoRyo

10年前に何がおきてたのか
世界中が注目してます!



まとめ

では
為替スワップ取引について
まとめますね。

為替スワップ取引とは

本来は
銀行間でおこなわれる
プロの取引である。

企業などに
将来の一定のレートを
約束した銀行が

複数の売買を
組み合わせることによって

損失を出さずに
必要なものを用意する目的で
おこなわれている。

日産自動車の前会長
カルロス・ゴーン氏は

2008年の
リーマンショックの直前に

為替スワップ取引を
契約したために
損失を出したと言われている。

事実が明らかになるのを
世界中が注目している。

RyoRyo

日本とフランスは
安定していい関係を
築いてきたのに

ゴーン氏の逮捕で
外交問題になりそうな場面も。

残念です!