こんにちは!
Ryoです。

国税庁から

住宅ローン減税の
申告ミスによって

本来の減税分よりも多く
お金を払っちゃったから

払いすぎた分を
返してもらいますとの
お知らせが!

調べてみました。

国税庁のお知らせについて

国税庁のお知らせは

「(特定増改築等)
住宅借入金等特別控除等の
適用誤りに関するお知らせ」

というものなんですが

あれ?みゆ

なにそれ?
ぜ~んぜん、わかんない!


RyoRyo

中身を読むと
さらにわかんないよ!(笑)


なので
わかりやすくまとめると

住宅ローン減税の
申告ミスによって

所得税の払い戻しを
本来の金額よりも
多くしてしまった人がいる。

2013~2016年の
4年間分で

あわせて
およそ1万4500人。

国税局も
そのミスを
見落としていた。

税金の不足分は
修正申告などをして
払ってもらうが

その金額が
数十万円になる人もいる。

なお
2012年分や
それ以前の分については

すでに時効が
成立してるので

たとえまちがって
申告していたとしても

追加で税金を
払う必要はない。


どういう人が申告ミスをしたの?

申告ミスは
3つのタイプがあるそうです。

タイプ1
家を買うときに
親などから
お金などをもらった人

タイプ2
自宅を売って
お金を得たので
特例を受けた人

タイプ3
年間所得が
2000万円をこえる人

RyoRyo

タイプごとに
見ていきましょうね!



申告ミスタイプ1

家を買うときに

親などから
お金をもらった

タイプ1の人が
一番多く
申告ミスをしてるそうです。

住宅ローン減税の誤りで追加納税?どんなミスで修正申告をするの?-1

住宅ローン減税の
申告をする時は

家の金額のうち

自分が払った分だけを
申告して

その金額をもとに
計算してもらった分を
受け取るんだけど

このタイプの人は
親などが払った分も
申告金額に入れちゃって

お金を
多く受け取っちゃった
というものです。

つまり

もらった金額が
多ければ多いほど

追加で払う
税金の額も増える
ということです。

申告ミスタイプ2

タイプ2の人は
家の買い替えだと思います。

(前の)家を売って
お金を得たから

本来なら
所得税を払わなきゃいけないけど

マイホームだったので
特例によって

3000万円までは
所得税を払わなくても
よかった。

1度トクをしてるので

(新しい)家を買っても
住宅ローン減税は
使えないけど

申告して
お金をもらっちゃった
というものです。

申告ミスタイプ3

タイプ3は
単純に所得の多い人。

そもそも
住宅ローン減税は

年間所得が
2000万円をこえる人は
受けられない制度なのに

申告して
お金をもらっちゃった
というものです。

どうすればいいの?

自分が
申告ミスに当てはまるなら

税務署で
修正申告ができます。

国税局のお知らせは
2018年12月11日付で出てるし

2013~2016年分は
国税局でわかってて
人数まで公表してるので

みゆみゆ

聞いてみたほうが
安心できるね!



まとめ

では
住宅ローン減税の申告ミスについて
まとめますね。

住宅ローン減税を
受けた人のうち

申告ミスによって
本来よりも多額の
払い戻しを受けた人がいる。

2013~2016年分で
およそ1万4500人。

国税局も
ミスを見落としていた。

税金の不足分は
修正申告などをして
払ってもらうが

その金額が
数十万円になる人もいる。

申告ミスをした人は
税務署で修正申告ができる。

なお
2013年よりも
前の分については

すでに時効が
成立してるので

たとえまちがって
申告していたとしても

追加で税金を
払う必要はない。

RyoRyo

もしも
タイプ1~3に当てはまる
可能性があったら

税務署で
聞いてみてくださいね!