こんにちは!
Ryoです。

2018年12月6日に起こった
ソフトバンクの
大規模な通信障害。

原因は

ソフトバンクが使ってる
交換設備での不具合だったと
発表されましたが

ソフトバンクは
2018年12月19日に
上場することが決まってて、

とっても大事な時期!

通信障害の株価への影響などについて
調べてみました。

2018年12月6日の通信障害

ソフトバンクのモバイル回線は

2018年12月6日(木)
13時39分頃~18時4分頃の
4時間半にわたって

データ通信と音声通話の両方が
まったく使えなかったり
つながりにくい状況になりました。

RyoRyo

私も被害者(?)のひとりですが

はじめは音声通話ができず
データ通信はつながりにくかったです。

しばらくすると
データ通信もまったくダメに!

けっこう不安になりました…。


私の場合は
緊急の用事はなかったので
不安になったぐらいでしたが

航空機やコンサートのチケットで
トラブルになったり

モバイルSuicaが
使えなかったりして

かなり困った人たちも。

個人の
ソフトバンクや
ワイモバイルユーザーだけじゃなく

お店や会社が
ソフトバンク回線を使って
営業してる場合も多くて

あらゆる人たちが
モバイル回線に依存してることを
実感したんじゃないでしょうか。


行政指導は避けられない

平日の日中に
4時間半もの大規模な
通信障害を起こしてしまったので

総務省は

「社会的影響が大きいとして
重大な事故に該当する」
と発表しました。

総務省はどの程度の事故で
重大事故と判断するのかを
調べてみたところ

ガイドラインの基準には

「利用者数3万人で2時間」
「利用者数10万人で1時間」

と書いてありました。

ソフトバンクの契約者数は
2018年9月末現在
4043万8100と発表されてます。

おまけに
この数字はソフトバンクのみで

ソフトバンクが展開する
ワイモバイルや

その他の会社で
ソフトバンク回線の使用分は
含まれてません。

わおみゆ

本当に大変な
重大事故だったのね!


総務省の行政指導は
確実に行われるし

ソフトバンクは
事故対応をする必要があります。


上場への影響は?

ソフトバンクグループは
すでに上場してるけど

2018年12月19日には
通信子会社の
ソフトバンクが上場します。

RyoRyo

この2つの会社の
ちがいについては

下のリンクから
別記事を読んでくださいね!


通信障害は
上場の2週間を切ったという
タイミングで起こりました。
あれ?みゆ

だから「陰謀説」まで
ささやかれちゃうんだね!


2018年12月10日には
売出価格が決まるので

本当にだいじな時期です。

ただし
多くの人の見方は

「1株1500円の売出価格は
変わらないだろう」

とのことです。

ただし

年末のお祭り気分を
つくり出してた
ソフトバンク株上場なのに

みゆみゆ

浮かれた調子は
なくなっちゃったね!


RyoRyo

景気の「気」は
気分の「気」だから

ウキウキ気分って
だいじなんだけどね!



人事問題に影響も

ソフトバンク子会社の上場は

通信事業をひとり立ちさせて

親会社は
ほかの事業にシフトするため
と説明されてます。

日本国内では
みんながケータイを持ってるので

もうあまり成長できないから
通信事業は子会社に任せて

親会社は
もっとほかのことをしたい
ということらしいです。

ソフトバンク上場は通信障害の影響でどうなる?買うべきか?株価は?-1

だから
通信事業の人員を減らして

親会社の別の事業に
配置転換する予定でしたが

総務省の行政指導まで受ける
重大事故を起こしたので

それに対応するために
思い通りには
配置転換が進まないんじゃないか
と言われ始めてます。

なので

株の売出価格は
予想通り1500円でも

通信障害前に
みんなが思ってたようには
伸びないんじゃないかとのことです。

2018年9月の行政指導について

ところで

RyoRyo

2018年9月に起きた
ソフトバンクのメール焼失を
覚えてますか?


あれ?みゆ

あれ、そんなことあった?


ソフトバンクの
迷惑メールフィルターの不具合で

約1030万通の
メールが焼失したというものです。

2018年9月21日に
総務省が行政指導を出してます。

ソフトバンクグループの
株価チャートを見てみると

ソフトバンク上場は通信障害の影響でどうなる?買うべきか?株価は?-2
ソフトバンクグループ 株価チャート

2018年10月上旬に
株価が急降下してますが

これは
行政指導によるものじゃなく

ソフトバンクグループが
出資してる中国の会社

アリババの株価が
アメリカで下がったから
なんだそうです。

これは
あくまで参考ですが

行政指導が株価に
直接影響するとは考えにくくて

影響しそうなのは
対応するための人事
ということになりそうです。


ソフトバンク株は買うべき?

下のリンクにある
別記事でも書きましたが

通信障害がおこる
前の段階でもすでに

株の専門家の間では

「ソフトバンクは買い、
でも保有は短期間」
と言われていました。

12月10日に決まる
売出価格が1500円なら

この見方は
変わらないかもしれません。

日本国内の通信事業は
大きな成長が見込めないからです。

そのうえ

通信障害によって
お祭り気分がしぼんでしまったので

一時的な高揚感も
味わえないかもしれません。

だけど

RyoRyo

これまでも何度も
大変な場面をくぐり抜けてきた
孫さんが

スーパーマン的な
対応をしてくれるんじゃないかと

ちょっとだけ期待してます!



まとめ

では
ソフトバンク上場への
通信障害の影響について
まとめますね。

2018年12月6日に起こった
ソフトバンクの大規模な通信障害は

ソフトバンク上場の2週間前
というタイミングで起きた。

12月10日には
株の売り出し価格が決まる
だいじな時期である。

総務省の行政指導は
避けられない見込みである。

ただし

行政指導の株価への
直接的な影響よりは

事故対応による
人事の変更の方が

株価に影響すると考えられる。

ソフトバンク株については
通信障害以前から
短期保有がささやかれており

事故によって
お祭り気分がさめたため

大きく好転することは
ないと思われる。

RyoRyo

日本経済を引っ張るためにも
孫さんにがんばってほしいです!