こんにちは!
Ryoです。

2019年版の
住宅エコポイントは
パワーアップして帰ってくる?

家を買う人には
うれしいお知らせかも?

その名も「住宅エコ・耐震ポイント」!

2009年から
3回行われてる

「住宅エコポイント」。

3回目は
2014年から行われてましたが
すでに終了してます。

でも
2019年10月1日からの
消費税引き上げに合わせて

さらにパワーアップして
戻って来るという情報が!

RyoRyo

2014年の制度に
プラスされるということなので

前回の住宅エコポイントについては
下のリンクの別記事を
参照してくださいね!



新制度の名まえ

2018年12月8日現在は
政府方針の段階なので

まだ
変更されるかもしれませんが

2019年版の
住宅エコポイントは

「住宅エコ・耐震ポイント制度」
という名まえになるようです。

RyoRyo

情報収集をするとき
名まえって大切ですよね?


あはみゆ

今まで3回もやってる
住宅エコポイントだから

検索しても
古い情報ばっかり
出てきちゃうもんね!


ニュースなどを見てても

「住宅エコ・耐震ポイント」という
ワードが出てれば

新しい制度の話しだって
すぐにわかりますね!

パワーアップ分は「バリアフリー」など

2014年の前回、

住宅エコポイントの
「エコ」は

経済という意味の
エコノミーと

環境という意味の
エコロジーの

両方の「エコ」でしたが

2019年版は
「住宅エコ・耐震ポイント」
という名まえの通りの

耐震工事に加えて

防災対策の工事や
バリアフリー工事も
対象になるようです。

実は

2014年の住宅エコポイントでも
耐震工事が対象になってましたが

みゆみゆ

な~んだ!

名まえには「耐震」が
なかったのに!


RyoRyo

やっぱり名まえにないと
アピールできないから

名まえって大切よね!



ポイントは加算方式に?

2014年の住宅エコポイントは

ふつうのリフォームだと
最大30万ポイント

リフォーム+耐震工事だと
最大45万ポイントでした。

みゆみゆ

そうそう、

ポイントが積みあがる
加算方式だったね!


住宅エコポイント2019年版の意味は?耐震やバリアフリーも条件に!-1
2019年版は
国会で承認されるまでは
正式発表されないけど

バリアフリーや防災工事で
もっとポイントがもらえる
可能性が高いです。

RyoRyo

最新情報をチェックして
見逃さないでくださいね!



まとめ

では
2019年版の住宅エコポイントについて
まとめますね。

2018年12月8日現在

2019年10月1日からの
消費税増税の経済対策として

4回目の
住宅エコポイント制度の
実施が検討されて

政府方針となっている。

2019年版は
「住宅エコ・耐震ポイント制度」
という名称になる見込みで

2014年版の
住宅エコポイント制度に

バリアフリーや
防災工事を加えた

住宅購入の
支援制度となるようである。

RyoRyo

不動産市場って
経済に大きな影響があるので

家を買わない人にも
関係がないわけじゃにですよね?

なぜか
ポイント制度が大好きな日本人。

魅力的な制度を作って
景気を支えてほしいです!