こんにちは!
Ryoです。

アメリカと中国の
貿易戦争がヒートアップして

みんなで経済協力について
話し合える場が
いよいよ大事になってますね。

代表的なのが
APECとTPP。

おさらいしましょうね!

APECとは?

APECは日本語で
アジア太平洋経済協力会議。

英語の
Asia-Pacific Economic Cooperation の
頭文字をとってます。

読み方は「エーペック」。

太平洋をぐるっと囲んだ
メンバーによって作られた

経済協力のためのグループです。

APECって何なのかをわかりやすく!読み方は?正式名称や発足は?-1

参加してるのは、国じゃなくてメンバー

1989年に
オーストラリアで始まった
APEC。

中国が
自分の領土だと言ってる
香港や台湾も入ってるので

「国」とか「加盟」などの
ことばは使われません。

えへみゆ

台湾を「加盟国」
なんて言ったら

中国が出てこなくなるからね!

そのため

APECに入ってるメンバーは
「エコノミー」と呼ばれます。

エコノミーは
少しずつ増えて
21あります。

APECって何なのかをわかりやすく!読み方は?正式名称や発足は?-2

21のエコノミー

1989年 :オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インドネシア、日本、韓国、マレーシア
       ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、アメリカ
1991年 :中国、中国香港、チャイニーズ・タイペイ
1993年 :メキシコ、パプア・ニューギニア
1994年 :チリ
1998年 :ペルー、ロシア、ベトナム

APECのメリットは?

APECの経済規模は
世界中の貿易量の
半分近くになるとか。

だから「エコノミー」が
みんなで集まれるように
けっこう気を使ってて

あまりつっこんだ
話しができなくて

あれ?みゆ

なくてもいいんじゃないの?


なんて言われることもあります。

だけど
特に2018年は

アメリカと中国の
貿易戦争が本格的になって

この二つの国のトップが
同じ場所に来るだけでも
十分に意味のあること。

ほかのグループより
ゆるい集まりだから
できることですよね!

APECエンジニア登録制度

APECには
エンジニアの登録制度があって

登録されたエンジニアは

APECの中なら
ビザなしで移動できるとか。

優秀なエンジニアの仕事を
応援する制度ですね。

建設系・電気系・化学系など
分野別に審査があって

認められれば登録されるそうです。

APECとTPPのちがい

APEC以外の
経済協力グループで
よく話題になるTPP。

TPPは
「環太平洋パートナーシップ協定」

2018年11月現在の
TPP参加国は全部

(TPPは「国」を使います)

APECのエコノミーでもあります。

ただし
TPPに参加してるのは

アメリカがやめたので
11か国だけです。


TPP参加の11か国

シンガポール
チリ
ニュージーランド
ブルネイ
オーストラリア
ベトナム
ペルー
マレーシア
カナダ
メキシコ
日本

TPPのメリットとAPECとのちがい

TPPが目指してるのは
加盟国のあいだで
貿易関税をなくすこと。

これがうまくいけば
本当にすばらしいけど

そうかんたんじゃない。

日本の農業だって
とっても心配だし。

アメリカや中国・
ロシア・韓国などは
APECには入ってるけど
TPPには入ってないので

貿易戦争が
深刻になってるとも言えます。

RyoRyo

TPPは少ないけど
つっこんだ話しができる仲間で

APECは多少の遠慮もある
ゆるい友だち関係
ってところでしょうか?

どっちも大切ですよね!



まとめ

では
APECについて
まとめますね。

APECは
Asia-Pacific Economic Cooperationで

日本語では
アジア太平洋経済協力会議。

「エーペック」と読む。

太平洋を囲んだメンバーの
経済協力のためのグループである。

1989年に
オーストラリアで始まり

香港や台湾も入っているため
「国」ではなく
「エコノミー」と呼ばれ
21ある。

APECの経済規模は
世界中の貿易量の半分近くになる。

大きいがゆえに
配慮すべき点も多く

APEC不要論もあるが

特に2018年は
米中の貿易戦争が本格化し

両国のトップが同席するのは
十分に意味のあることと言える。

よくTPP
(環太平洋パートナーシップ協定)
と比較されるが

11か国のみで構成される
TPPには米・中・露・韓はなく

関税撤廃を目標とするなど
より厳しい課題に挑戦している。

APECとTPPでは
規模・性質ともに異なっており
どちらも必要なものと言える。

なお
APEC独自の制度として
エンジニア登録制度があり

技術の交流・進歩などに
貢献している。

RyoRyo

世界平和のために
経済ができることって
やっぱり大きいですよね?