こんにちは!
Ryoです。

11月は
年末調整のシーズン。

2018年から
配偶者控除が大きく変わって
書類が複雑に。

特に
「源泉控除対象配偶者」と
「控除対象配偶者」は
ちがうものです。

調べてみたので
共有しますね!

源泉控除対象配偶者は2018年から!

2018年の年末調整での
配偶者控除のポイント!

1. 奥さんは、150万円まで控除がある。
2. ご主人の年収も、配偶者控除に必要。
3. ご主人の年収が1000万円を超えたら、控除はない。
4. 年末調整の用紙が2枚から3枚になった。

RyoRyo

奥さんの収入が多い夫婦なら
奥さんとご主人を
入れかえてくださいね!



103万円の壁が150万円になった

2017年までは奥さんの収入に
「103万円の壁」がありました。

103万円を超えると
ご主人の収入から38万円の
控除がなくなって

収入が減ってしまうから。

安倍政権では
「女性も大いに働いてもらおう」
ということなので

奥さんの収入150万円までは
38万円の控除があります。

そして

150万円を超えても
201万円までは
何らかの控除があります。


ご主人の年収も関係する

2017年までは
ご主人がいくらもらってても

奥さんの収入が103万円以下なら
配偶者控除がありました。

つまり

ご主人が毎年10億円もらうような
超リッチな人でも

奥さんの収入が103万円以下なら
配偶者控除があったということ。

でも
2018年からはちがいます。

あはみゆ

10億円ももらう人の奥さんは
100万円のパートなんて
しないんじゃないの?


RyoRyo

たとえばの話しよ!

でも
そういう奥さんも
ステキだと思うけどね!



1000万円を超えたら、配偶者控除はない

2017年までの配偶者控除は
ご主人の年収に
関係ありませんでした。

2018年からはちがいます。

900万円までなら
38万円の配偶者控除があるけど

900万円を超えると
配偶者控除の金額が
だんだんに下がっていって

1000万円を超えると
配偶者控除がゼロになります。

「奥さんにも働いてもらいたいけど
ご主人がたくさんもらってるなら
税金もよろしくね!」

っていう制度ですね。

源泉控除対象配偶者とは?

源泉控除対象配偶者は
2018年に始まりましたが

かんたんに言ってしまうと

ご主人のもらってる金額が
900万円以下の人で

なおかつ

収入が103万円以下の
奥さんのこと。

源泉控除対象配偶者は

ご主人の源泉所得税の
計算に関係してきます。

年末調整の源泉控除対象配偶者とは?2018年の変更点は合計所得金額!-1

ご主人と奥さんの
合計収入が高くないなら

税金の額も
おさえてあげましょう
ってことですね。

わおみゆ

まあ、それでも
2人合わせて1000万円よ!


RyoRyo

そうね!

すごいお金持ちには
税金の値引きをしないってことね!



まとめ

では
2018年の年末調整の変更点と
源泉控除対象配偶者について
まとめますね。

2018年の年末調整では

1. 奥さんは、150万円まで控除がある。
2. ご主人の年収も、配偶者控除に必要。
3. ご主人の年収が1000万円を超えたら、控除はない。
4. 年末調整の用紙が2枚から3枚になった。

源泉控除対象配偶者とは

ご主人のもらってる金額が
900万円以下で

なおかつ

収入が103万円以下の
奥さんのこと。

ご主人の源泉所得税の
計算に関係する。

RyoRyo

多くの女性が
2017年よりも
働けるようになったのでは?

書類が複雑なので
改良点はあるけど

女性のことを考えてくれてるのは
うれしいですよね!