こんにちは!
Ryoです。

2018年になってから
みずほ銀行のATMが
何度も使えなくなってますよね?

あまりに多いので

え?みゆ

まさか、つぶれちゃうの!?


なんて心配も!

気になったので
調べてみました。

システム移行作業をしてる

結論から先に言うと

ATMがしょっちゅう止まるのは
みずほ銀行の
システム移行作業のせい。

2018年11月以降の
ATM休止期間を見てみました。

【みずほ銀行のATM休止期間】
2018年 11月10日(土) 0:00 〜 2018年 11月12日(月) 8:00
2018年 12月15日(土) 0:00 〜 2018年 12月17日(月) 8:00
2019年 1月12日(土) 0:00 〜 2019年 1月15日(火) 8:00
2018年 2月 9日(土) 0:00 〜 2019年 2月12日(火) 8:00
2019年度上期(4月以降)に数日間の停止予定(未定)

みずほ銀行の成り立ちとシステム障害

みずほ銀行は
とっても大きな銀行だった

第一勧業銀行
富士銀行
日本興業銀行が
合併してできました。

でも、そのせいで

合併初日の2002年4月に
大規模な
システム障害を起こしてます。

そして2011年3月の
東日本大震災直後にも

またまた大規模な
システム障害が!

大きな銀行がそれぞれ
ちがうシステムだったのに

ムリにくっつけたから
いろいろと不具合があるんですね。

そして

少しずつ部分的に直したので
システムがさらに複雑に。

みずほ銀行ATM休止スケジュールまとめ!なぜ多い?引き出す方法は?-1

次に大規模な
システム障害を起こすと

今度こそ
取り返しがつかないそうで

もう待ったなし状態。

そこで
1年もかけて直すことに。

2018年6月から週末に
ほぼ月1回のペースで

ATMを止めて
作業しているそうです。

システム移行作業の規模

2018年6月に始まった
みずほ銀行のシステム移行。

日本全国にある
466店舗分のデータを扱う
世界最大級の規模だそうです。

IT業界の
「サグラダファミリア」なんて

RyoRyo

いいんだか悪いんだか
わからないニックネームまで
もらっちゃったね!


あはみゆ

いつまでたっても
工事が終わらないって
いう意味ね!

みずほ銀行ATM休止スケジュールまとめ!なぜ多い?引き出す方法は?-2

作業にかかる費用は
始めは3千億円を
予定していたそうですが

大幅に予算オーバーして
4千億円を超えるのは
確実だそうです。

あれ?みゆ

そんなにお金がかかったら
やっぱり
つぶれちゃうんじゃないの?


RyoRyo

でも、この作業のおかげで
今までかかってた

システムのための経費や
新商品の開発経費を
減らせるから

だいじょうぶらしいよ!



コンビニのATMなら引き出せる?

時間もお金もかけて
新システムにするんだから
応援したいけど

利用者にとって
困ってしまうのは

コンビニのATMも
使えなくなること!

預け入れや
振り込みはガマンできるけど

RyoRyo

せめて引き出しぐらいしたい!

そう思って
いろいろと調べたけど

裏の方法的なものはなく

それどころか

休止期間中は
デビットカードも
使えないそうです!

これは使ってる人には
イタイかも!

休止期間は
前日の金曜日までに

現金を用意して
乗り切るしかないようです。


まとめ

では
みずほ銀行のATM休止について
まとめますね。

第一勧業銀行
富士銀行
日本興業銀行が

合併して誕生した
みずほ銀行は

複雑なシステム運営を
続けていたが

過去に2度も
大規模なシステム障害を
起こしていたため

2018年6月から
約1年をかけて
システム移行作業をしている。

そのため
9回のATM休止期間を予定。

月に1回ほどのペースで
2019年上期まで続く。

休止期間中は
みずほ銀行の店舗にある
ATMだけではなく

コンビニのATMも使えず

みずほ銀行発行の
デビットカードも使えないので

注意が必要である。

RyoRyo

みずほ銀行は2016年春にも
統合を目指していたものの

2度も延期になってるそうです。

今度こそ
しっかりしたシステムが
できるといいですね!