こんにちは!
Ryoです。

『まんぷく』の主役
立花福子役が

とっても好評な
安藤サクラさん。

毎日元気をもらってる
「福ちゃん」の
プロフィールを調べてみました。

安藤サクラさんのプロフィール

【安藤サクラさんのプロフィール】

本名は柄本(えもと)さくら
1986年2月16日生まれ
東京都出身
学習院女子大学国際文化交流学部卒業
身長160cm

2006年に映画デビュー後
映画・ドラマ・舞台作品多数

日本アカデミー賞最優秀主演女優賞はじめ
国内での受賞多数

2018年カンヌ国際映画祭コンペティション部門
最高賞のパルムドール受賞

お父さんは俳優の奥田瑛二(おくだえいじ)さん
お母さんはエッセイストの安藤和津(あんどうかず)さん
お姉さんは映画監督の安藤桃子(あんどうももこ)さん

ご主人は俳優の柄本佑(えもとたすく)さん
娘さんが1人


家族全員が芸能人

安藤サクラさんの身内は
本当に芸能人ばかり。

ご両親やお姉さんだけじゃなく
ご主人も芸能一家出身です。

ご主人のお父さんは
俳優の柄本明(えもとあきら)さん。

ご主人のお母さんは
女優の角替和枝(つのがえかずえ)さん。

ご主人の弟さんは
俳優の柄本時生(えもとときお)さん。

そのほか
いちおう一般人なので
お名前が出てきませんが

ご主人にはお姉さんがいて
映画関係のお仕事をしてるそうです。

女優という仕事

安藤サクラさんが
女優になりたいと思ったのは
5歳だったそうです。

お父さんの仕事場で
あこがれたんだとか。

でも
小学2年生のときに
周りの目が気になったため

女優になりたいと
言うのをやめたんだそうです。

特殊な家庭環境で育って
言い出しにくかったんですね。

でも
高校時代にデビューすると

はじめから
演技が絶賛されてます。

口に出して言うことはなくても

夢を実現するために
イメージトレーニングを
欠かさなかったのかもしれませんね。

そして
つぎつぎと役にも恵まれてます。

演技だけじゃなくて
歌もうまいとの評判も!

プロフィールにあるように
国内のあらゆる賞をもらい

2018年にはついに
フランス・カンヌの国際映画祭で

最高賞のパルムドールを
受賞してます。

この受賞は日本人として
21年ぶりの快挙とか。

安藤サクラさんの演技は
カンヌで審査委員長をつとめた

オーストラリアの女優
ケイト・ブランシェットさんに
絶賛されてます。

みゆみゆ

国際的な女優として
認められたってことだね!



『まんぷく』出演にあたって

NHKの朝ドラ女優といえば

ひと昔前までは
オーディションで選ばれた
無名の若手が多かったけど

RyoRyo

ここ何年かは
すでに有名な人ばかりですよね?


『まんぷく』もその流れで

安藤サクラさんの
キャスティングは
オファーだったそうです。

でも
安藤サクラさんは
2017年3月に出産して

しばらく仕事を休もうと
思っていたところだったので

あこがれだった朝ドラと
はじめての育児とで
かなり迷ったんだそうです。

それでも
ご家族の説得や応援で
オファーを受けたとか。

NHKとしても
子どものいる朝ドラ女優は
はじめてのことなので

撮影現場に
育児スペースを用意するなどの
配慮をしてるそうです。

日本政府も「働き方改革」を
声を大にして言ってることだし

RyoRyo

パイオニアとしての
苦労は多いと思いますが

ぜひがんばってほしいです!



まとめ

では
安藤サクラさんについて
まとめますね。

NHKの朝ドラ『まんぷく』で
主演の立花福子を演じる
安藤サクラさんは

両親や姉をはじめ
ご主人の一家も

すべて芸能人や
芸能関係の仕事をしている。

お父さんの仕事を見て
5歳から女優にあこがれ

高校生でデビュー後は
国内外で高い評価を得ている。

『まんぷく』の出演は
出産後間もないこともあって
かなり悩んだそうではあるが

家族の説得や応援とともに
NHK側の配慮もあり

朝ドラ主演女優としては
はじめてのケースとして
活躍が期待されている。

RyoRyo

『まんぷく』でも
赤ちゃんを抱いてる姿が
サマになってますよね!

撮影もそろそろ後半だし
身体をこわさないように

最後まで
がんばってほしいです!