こんにちは!
Ryoです。

NHKの朝ドラ
『まんぷく』見てますか?

美人女優さんが何人もいるなかで
一番目につくのが
松坂慶子さん。

RyoRyo

最年長のはずなのに
いつまでもきれいだな~って
見とれてしまいます。


調べてみたら
生い立ちが壮絶でした。

共有しますね。

松坂慶子さんの生い立ち

まずは
カンタンなプロフィールから。

【松坂慶子さんの略歴】

本名は高内慶子
1952年7月20日生まれ
東京都大田区出身
父は事業家
一人っ子
身長162cm

1967年テレビ初出演
1969年スクリーンデビュー

1990年ジャズギタリスト高内春彦氏と結婚
娘が2人いる


苦労されたご両親の一人娘

略歴だけ見ると
なにが壮絶なのかわかりませんが

ご両親が苦労されてます。

お父さんは韓国人で

まだ10代だった
1938年に仕事をさがして
日本に来たそうです。

お母さんは日本人ですが

小さい頃に身売りされて
戸籍も身寄りもなかったそう。

ご両親は兵庫県姫路の
職場で知り合って
同棲するようになりましたが

ちょうど戦争のころだと
思われます。

戦後に
神奈川県藤沢市に
引っ越しましたが

お父さんが
いくつかの事業で
成功していました。

このころになって
ようやく

お母さんの戸籍を
つくることができたものの

実在しない韓国人の
名まえを借りたもので

本当は日本人なのに
日本国籍がないままでした。

なので

1952年生まれの
松坂慶子さんも
はじめは韓国籍でした。

1964年になって
お母さんの日本国籍が
回復できたので

松坂慶子さんも
お母さんの戸籍に入って
日本国籍を取得したそうです。


女優になるまで

松坂慶子さんは
東京都大田区生まれですが

その後転居したと思われ
中学は中野区の公立校に通い

高校は杉並区の私立
日本大学第二高校に進んで
卒業してます。

小学生のときから
児童合唱団に入ったほか

いろいろな習い事を
かけ持ちしてたそうです。

お父さんは
「(アメリカの美人女優)
イングリッド・バーグマン
のようなきれいな女性に
なってほしい」との思いで

松坂慶子さんに
習いごとをさせたんだとか。

みゆみゆ

お父さんの夢は
十分かなったんだね!

松坂慶子の生い立ちと両親!面白い性格で顔芸も!配偶者や子供は?-1

中学3年生だった
1967年に「劇団ひまわり」に
入団してます。

高校時代は
学業を優先したように
思われますが

その後の
1970年ごろからは

毎年複数の映画と
複数のドラマに出演して

女優としての
キャリアを積んだようです。

結婚と出産

38歳の1990年に

ジャズギタリストで
ニューヨーク在住の

高内春彦さんと
結婚します。

知人の紹介で
知り合ったそうですが

当時すでに
20年以上キャリアを積み

超大物女優だった
松坂慶子さんが

日本では全く無名の
高内春彦さんとの結婚は

「格差婚」と言われたそうです。

さらに
松坂慶子さんの
ご両親が大反対で

マスコミの前でも
高内さんのことを
「カネめあてのヒモ男」とまで
言ってしまったそうです。

それでも
2人は結婚して
アメリカへ。

2人のお嬢さんたちを
アメリカで出産してます。

RyoRyo

なれない外国での
結婚と出産は
大変だったでしょうけど

日本のマスコミなどから
距離があって
そのほうがよかったかも。



家族の現在

ご主人の高内春彦さんは
ジャズギタリストとして
ジャズ界では有名で

日本とアメリカの両方で
活躍されてるそうです。

でも日本では
今でも

「松坂慶子の夫」としての方が
有名かもしれません。

ご家族は
ニューヨークに住んでましたが

2001年9月11日の
同時爆発テロで

自宅に被害があったことから
帰国したそうです。

2人のお嬢さんたちは
アメリカンスクールに
通ってたようですが

2018年現在は

2人とも
ハワイの大学で
美術を勉強してるそうです。

2001年当時も

結婚のときからの
ご両親との確執は続いてて

松坂慶子さん側から
和解を申し出たものの

ご両親とも
受け入れなかったそうです。

お父さんはそのまま
2007年に亡くなったとか。

無口みゆ

時間をかけても
解決できなかったんだね…。


お母さんは
お父さんがなくなってから
1人暮らしだったけど

介護が必要になって
一人っ子の松坂慶子さん家族と
一緒に暮らすように。

みゆみゆ

お母さんはようやく
受け入れてくれたんだね!



性格は?

『まんぷく』の
顔芸がおもしろくて

話題になってる
松坂慶子さんですが

なにしろ大女優なので
役のイメージとはちがうはず。

ただ

これまでの演技や
インタビューの様子から
性格も垣間見えてきます。

まず第一に
度胸のある人だということ。

1979年の『愛の水中花』では
バニーガール姿で歌うという

当時としては
常識破りのことをやってます。

その後
ヌードシーンでの
脱ぎっぷりがよかった
などの評判がチラホラ。

第二には
一生けんめいな人だと感じます。

そして第三は
ちょっとマイペース(笑)。

インタビューなどでは
ちょっと天然なところも!

RyoRyo

でも
あれだけキレイだと

かえって
ほほえましいですね!



まとめ

では
松坂慶子さんについて
まとめますね。

1952年7月20日に
東京都大田区で生まれた
松坂慶子さんは

児童合唱団や
「劇団ひまわり」に所属し

1967年から活躍する
日本を代表する女優である。

お父さんは韓国で生まれ
10代で求職のために
日本へ来ており

お母さんは日本人だが
身売りされたために
戸籍を持たない人であった。

お母さんは戦後に
韓国人として戸籍を取得し

松坂慶子さんも
韓国人として届けられた。

1964年になって
お母さんに続き

松坂慶子さんも
日本国籍を取得している。

女優としては
非常に恵まれているが

1990年に高内春彦氏と
両親の反対を押し切って結婚。

アメリカで
2人の娘を出産している。

松坂慶子さんの父親は
結婚を認めないまま
2007年に他界したが

母親は要介護状態になって
松坂慶子さん一家を受け入れ

2018年現在は
幸せに暮らしている。

RyoRyo

高内春彦さんは
松坂慶子さんの
仕事を理解して

家事などを手伝ってくれる
やさしい旦那さまのようです。

だからこそ
松坂慶子さんも
いい仕事ができるんですね!