こんにちは!
Ryoです。

新型コロナのワクチン

日本では
ファイザー社製だけ
だったけど

これからは
モデルナ社製も
はいるので

どっちかになりますね。

わたしが住んでるフランスでは
早い段階から
両方とも使われてて

公的な文書で
製造会社ごとの
比較も発表されてます。

大きく違う部分もあったので
参考にしてみてくださいね。

保管方法が一番ちがう

ファイザーとモデルナは

両方とも
メッセンジャーRNAという
新しい仕組みのワクチン。

そもそも
仕組みが同じなので

両方が早くから使われてる
フランスでは

一般の人が
効果などの違いを
気にしてません。

みんなが気にしてるのは
どこでワクチンを
打ってもらうか。

ファイザーとモデルナは
保管の方法が
一番ちがうので

打ってもらう場所が
変わってくるんです。


保管方法の比較表

フランスの公的書類にあった

ファイザーとモデルナの
保管方法の比較表を
和訳してみますね。

ファイザー モデルナ
開栓前の保管場所 -80℃~-60℃ -25℃~-15℃
開栓前の保管期間 +2℃~+8℃で5日間 +2℃~+8℃で30日間
開栓後の保管期間 +2℃~+25℃で6時間 +2℃~+25℃で6時間
1ビンの用量 6回分 10回分

この表の
元になってる資料の中には

アストラゼネカ製や
ジョンソンエンドジョンソン製も
あったけど

日本では
使われないので
省略してあります。

副反応のちがい

ファイザーとモデルナの
両方のワクチンを

すでに
何か月か使ってるので

フランス国内での
副反応についても
報告されてました。

これも
まとめますね。

なお

新型コロナワクチン
共通の副反応は

みゆみゆ

この記事で書いてるから
参考にしてね!

【ファイザー製の副反応】

  • 大多数の副反応は深刻ではない
  • 新たに確認された報告はない
  • まれに重度のアレルギーがある
  • 【モデルナ製の副反応】

  • 大多数の副反応は深刻ではない
  • 少数の高血圧・不整脈・帯状ほうしんが報告されている
  • まれに重度のアレルギーがある
  • この2つを見てみると
    ちがうのは

    モデルナには
    高血圧・不整脈
    帯状ほうしんが

    少しだけど
    報告されてること。

    ただしこれは

    この報告書の中に
    書いてあっただけで

    テレビなどで
    大きく報道はされてないと
    思うので

    ほとんどのフランス人は
    知らないでいるハズ。

    でも

    高血圧・不整脈が
    ヒドイ場合は

    RyoRyo

    ファイザーの方が
    安心かもしれませんね!



    ワクチンの効果の違いについて

    報告書の中には
    ワクチンの効果についても
    書いてあったのですが

    接種が始まって
    まだ何か月かの現在で

    効果については
    アメリカでの
    臨床試験のみでした。

    臨床試験でのちがいも
    ほとんどありません。

    だけど
    そもそも

    新型コロナって
    世界中で広がってて

    ファイザーやモデルナの
    ワクチンは

    ものすごい数の人たちが
    打ってる最中なのに

    臨床試験の数を見ると

    トータルで
    3万6000人とか
    2万8000人だけなんです。

    トータルで
    この人数なので

    実際にワクチンを打って
    効果を調べてるのは
    この半分の人たちだけ。

    あれ?みゆ

    本当の臨床試験は
    今みんなで
    やってる最中だよね!

    それでも

    ワクチン接種がすすんでる国は
    やっぱり感染者数が
    減ってるから

    効果があるのは
    確かなんだろうけど

    RyoRyo

    ファイザーとモデルナの
    違いについては
    わからないですよね!

    コロナワクチンのファイザーとモデルナの違い!効果比較は意味なし?

    おまけ

    ところで

    日本でも
    接種が始まってる
    ファイザーのワクチンって

    濃縮タイプだって
    知ってましたか?

    今回の記事を書くにあたって
    資料を見てて

    ファイザーのところだけ

    「うすめて使用すること」とか
    「うすめてから6時間保管可能」って
    書いてあったんです。

    お医者さん用の
    資料じゃないから

    何でうすめてるのかは
    わからなかったけど

    報道を見てても
    マイナス80度の冷凍庫ばっかり
    取り上げられてて

    みゆみゆ

    濃縮されてるなんて
    聞いてないよね~!

    ちなみに

    モデルナは
    濃縮されてなくて

    そのまま使うタイプとか。

    医療関係者にとっては
    濃縮かどうかも
    大きなちがいですね!


    まとめ

    では
    ファイザー製とモデルナ製の違いについて
    まとめますね。

    数か月前の接種開始から
    ファイザー製とモデルナ製ワクチンを扱うフランスでは
    公的機関による両社製ワクチンの報告がある。

    ファイザー・モデルナの一番の違いは
    保管する冷凍庫の設定温度と
    開栓前の冷蔵可能期間である。

    この違いはワクチン接種の場所等に
    大きな影響を及ぼしている。

    副反応はほぼ同等であるものの
    モデルナに少数ではあるが
    高血圧・不整脈・帯状疱疹が報告されている。

    接種の効果についても
    同資料で言及されてはいるものの
    アメリカでの臨床試験結果のみである。

    ほぼ同等であるうえ
    実際の接種数に見合うだけの
    試験数ではないため

    効果については
    今後の報告を待ちたい。

    RyoRyo

    日本でも
    早く接種がすすむと
    いいですね!