こんにちは!
Ryoです。

テレビなどで取り上げられてる
オメガ3オイル。

健康にいいとか
ヤセるとかって言われてるけど

オメガ3だけじゃなくて
オメガ6やオメガ9もあります。

油の種類を整理して
まとめてみますね。

油の種類について

けっこういろんな種類がある
食用油だけど

「オメガ」のある・なしで
大きく2つにわけられます。

つまり

「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」
のグループと

それ以外のグループで
飽和脂肪酸と呼ばれてます。

それぞれのグループの特徴は:

【「オメガ」グループの特徴】

常温で液体である。
植物性が多い

【「オメガ」以外の飽和脂肪酸の特徴】

常温で固体が多い
動物性が多い

ちなみに「オメガ3」は
「オメガ・スリー」と読みます。

みゆみゆ

「オメガ・さん」とは読まないで
数字は英語読みなんだね!



3種類のオメガ

「オメガ」グループの油は
油のかたちによって

「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の
3種類にわけられてます。

オメガ以外の飽和脂肪酸とともに
多く含まれてる食品などを
表にしてみました:

油の種類 多く含まれる食品 比率
オメガ3 ブリ・サンマ・イワシ・サケ・エゴマ油・アマニ油 0.2
オメガ6 コーン油・大豆油・グレープシード油 0.8
オメガ9 オリーブ油・ピーナッツ油 1.5
飽和脂肪酸 肉のあぶら・バター・ココナッツ油・パーム油 1

みゆみゆ

オメガ3は
魚の油が多いんだね~!


RyoRyo

テレビでよく言ってるのは

アマニ油やエゴマ油なんかの
オメガ3と

オリーブオイルの
オメガ9についてよね!



油はバランスが大切

油のとり方で一番大切なのは
量そのものよりもバランス。

油の種類の表にあるとおり

オメガ3:0.2
オメガ6:0.8
オメガ9:1.5
飽和脂肪酸:1

っていうバランスが理想的。

だけど
私たちが実際にとってるのは
飽和脂肪酸とオメガ6が多くて

オメガ3とオメガ9が
足りてないんだとか!


オメガ3の油について

青魚やエゴマ油なんかに多い
オメガ3だけど

私たちのからだでは
つくることができなくて

食べものとしてとることが
大切なんだそうです。

そして
酸化しやすいから
火を通さないほうがいいとか

キラみゆ

お刺身で食べるのが
一番いいんだね!


RyoRyo

エゴマ油やアマニ油は
ドレッシングの油として使うのが
いいんだって!

オメガ3の読み方と取り方!女性ホルモンUPで痩せた?過剰摂取に注意!

特に
エゴマ油やアマニ油は
とってもデリケートなので

冷蔵庫で保存して
できるだけ早めに
使った方がいいそうです!

オメガ3のはたらき

エゴマ油やアマニ油を
毎日小さじ一杯ずつとるだけの
「オメガ3ダイエット」。

多くの人が成功したし
中性脂肪まで減ったとか。

その理由は

オメガ3には
女性ホルモンと
同じはたらきがあるから。

なので

肌がきれいになった
なんてうれしいオマケつき。

サプリより食べものがいい理由

毎日とったほうがいいし
テレビなどで有名になったから

オメガ3のサプリが
たくさん売られてますよね?

でも
サプリに使われてるオメガ3は
ほとんどが合成されてるそうです。

合成されたオメガ3が
からだによくないとは言い切れないけど

イワシやサケなどの魚を
100グラム食べれば
1日に必要なオメガ3はとれるし

魚を食べない日は
エゴマ油やアマニ油を
ドレッシングに入れればOK。

合成されたオメガ3は
魚の油などより
ききめが悪いうえに

サプリでとっていると
オメガ3を
とりすぎになることも!

油はバランスが大切だから

からだにいいオメガ3でも
とりすぎは良くないんだそうです。

まとめ

では
オメガ3について
まとめますね。

食用油は4種類にわけられるが

からだにいいのは
オメガ3(スリー)であると言われる。

ただし
摂取する油全体に対する
バランスが大切である。

オメガ3はブリ・イワシ・サケなどや
エゴマ油・アマニ油に多い。

こうした魚を1日100グラム食べるか
エゴマ油やアマニ油を
小さじ1杯とることで

女性ホルモンと同様のはたらきが
確認されており

ダイエットや美肌につながった
という報告もある。

ただし
オメガ3のサプリは
合成であることが多く

食物由来のオメガ3とは
はたらきが異なるばかりか

オメガ3のとりすぎによって
油のバランスをくずす場合も多いため
注意が必要である。

RyoRyo

年齢や環境にもよるけど

お魚と野菜が多めの食事が
やっぱり理想的ってことですね!