こんにちは!
Ryoです。

「最強のダイエット食材」
な~んて
テレビで言っちゃったから

一気に有名になった
ピーナッツもやし。

でも

テレビを見終わってから
通販で買おうとしても

すでに遅くて
売り切れてます。

それなら

みゆみゆ

自分で
育てちゃえ!


ということで

情報を
集めてみました。

ピーナッツもやしとは?

ピーナッツもやしって
何かというと

ピーナッツ(落花生)を
発芽させたもの。

ふつうのもやしに比べて
かなり太くて
とっても立派。

スーパーなどで
よく見るもやしは

緑豆や大豆などを
発芽させたものなので

それよりも
はるかに大粒の

ピーナッツを
発芽させれば

RyoRyo

太くて立派なのも
納得できますね!

そのほかの
見た目の特徴としては

白っぽい色です。

ピーナッツもやし(落花生スプラウト)とは?作り方と栽培の注意点!-2

色だけを見ると
もやしそのもの。

「スプラウト」と
英語で呼ばれることの多い

アルファルファや
ブロッコリーの種を
発芽させたものなどは

もっと成長させてるし
緑色が
濃くなってます。

緑色は
陽に当てて
光合成をさせたから

なので

みゆみゆ

ピーナッツもやしは
陽を当てないで
育ててるね!



ピーナッツもやしの作り方

【準備するもの】

生の皮つきピーナッツ

ビンなどの容器

竹製の平ザル

皿など

平ザルが入る大きさの段ボール箱など


1. ピーナッツを水につける

生の皮つき
ピーナッツを
用意したら

ビンなどの容器に入れて
水を注ぎます。

フタはせずに
段ボール箱に入れて

箱のフタを
きちんと閉めて

光が入らないように
します。

12時間ぐらい
水につけとくけど

RyoRyo

くれぐれも
忘れないでください!


あはみゆ

大豆もやしを
作ったときに

忘れて
ダメにしちゃったことが
あったもんね!



2. 発芽させる

ピーナッツが
十分に
水を吸ったら

平ザルの上に
広げて水を切り

お皿にのせて
段ボール箱へ。

暗くて
湿気があって
温度が高いことが

とっても
大切なので

箱のフタは
よく閉めて

湿度によっては
1日に何度も
水をかけたりしながら

発芽するのを
待ちます。

乾燥しないように
気をつけてれば

1週間ぐらいで
収穫できるハズです。


もやし作りの注意点

ピーナッツもやしに
限ったことじゃないけど

もやし作りには
気をつけることが
いくつかあります。

【もやし作りの注意点】
 
1. 薬で処理されてない、生の皮つきピーナッツを使う。

2. 乾燥やカビに注意する。

3. 忘れない!


1. 薬の処理について

発芽させるには
生のピーナッツを
使うことが大切だけど

種として
売られてるものには

薬がかかってるものが
多いそうです。

なので

スプラウト用に
売られてるものを買うか

落花生の
栽培農家に
分けてもらうのが◎。


2. 乾燥やカビについて

もやしや
スプラウト栽培で

やっかいなのが
乾燥とカビ。

温度が
25℃ぐらいはないと
発芽しないし

水分がなくても
もちろんダメ。

なので
カビが生えやすいんです。

サルやお皿だけじゃなく
段ボール箱や
水なども

キレイにして
カビを寄せ付けないのが
大切です。

そして

もし少しでも
カビを疑ったら

いさぎよく
捨ててください。


3. 忘れない!

もやし作りで

もしかしたら
一番やっかいなのが

忘れちゃうこと!

暗いところで
育てるので

RyoRyo

ついつい
忘れちゃうんです。

でも

温度と湿度さえ
気をつければ

「最強のダイエット食材」
が作れちゃうので

RyoRyo

がんばって
みませんか?

パスタの半分を
ピーナッツもやしで
置きかえた

具だくさんの
サラダなんて

キラみゆ

おいしく
カンタンに
やせられそうだね!

ピーナッツもやし(落花生スプラウト)とは?作り方と栽培の注意点!