こんにちは!
Ryoです。

広島みやげの
もみじ饅頭(まんじゅう)を
いただきました。

定番中の定番
にしき堂のこしあんタイプ。

原材料や栄養成分は備忘録に。

由来を調べてみたら
ちょっとおもしろかったので
共有しますね!

もみじ饅頭について

いつからかわからないけど

最近はスーパーでも売ってる
もみじ饅頭。

メーカーが
200ぐらいあるそうです。

私がいただいたのは
にしき堂という有名なメーカーのもの。

にしき堂だけでも

こしあん・粒あん・チーズクリーム・
チョコレート・お餅・お芋のほか

「生もみじ」という
生菓子のもみじ饅頭があるなど

いろいろな種類があるようです。

そんななかで
オリジナルはこしあんタイプ。

RyoRyo

ふつうの和菓子は
粒あん好きだけど

もみじ饅頭には
なめらかなこしあんがピッタリ
だと思います。



もみじ饅頭(こしあん)の原材料

【もみじ饅頭(こしあん)の原材料】

小豆餡(北海道小豆、砂糖、水飴)
卵、小麦粉、砂糖、植物油脂、水飴
麦芽糖、トレハロース、乳化剤、膨張剤
(原材料の一部に大豆を含む)


もみじ饅頭(こしあん)の栄養成分表

【もみじ饅頭(こしあん)1個の栄養成分表】

カロリー 106kcal
たんぱく質 1.9g
脂質 1.9g
糖質 20.2g
食塩相当量 0.03g

もみじ饅頭の由来

もみじ饅頭の由来は

はじめて総理大臣になった
伊藤博文に関係してる
という説があります。

もみじ饅頭の原材料と栄養成分!糖質やカロリーは?由来と日持ちも!-1

明治39(1906)年ごろ
広島県の厳島に行った
伊藤博文。

お茶屋さんでお茶を出した
娘さんの手がかわいくて

「もみじみたいな手だ。
焼いて食べたらおいしいだろうに」
と言ったのを

おかみさんが聞いてて

おまんじゅう屋さんに
この話しを伝えて
もみじ饅頭をつくらせたとか。

あれ?みゆ

今そんなことを言ったら
セクハラで訴えられそうだね!


RyoRyo

そうかもしれないわね!



まとめ

では
もみじ饅頭について
まとめますね。

広島みやげの定番である
もみじ饅頭の原材料は:

小豆餡(北海道小豆、砂糖、水飴)
卵、小麦粉、砂糖、植物油脂、水飴
麦芽糖、トレハロース、乳化剤、膨張剤、
(原材料の一部に大豆を含む)

1個当たりのカロリーは:
106kcal

1個当たりの糖質は:
20.2g

もみじ饅頭の由来には
伊藤博文が関係しているという
説が信じられている。

RyoRyo

おいしくてかわいい
もみじ饅頭。

由来にはちょっとビックリ。

常温で10日ぐらいは
日持ちするようです。