こんにちは!
Ryoです。

食にまつわるあれこれを書いています。

廃プラスチックはどこへ行く?

ゴミ捨てのたびに

RyoRyo

重いな~
もっと減らせないかな~?


って思いませんか?

特に気になるのが
プラスチック。

食品の包装で
プラスチックが
使われてないものって
本当に少ないですよね?

お肉やお魚には
プラスチックトレーと
ラップが使われてるし

野菜には
フィルムでできた袋が
使われてて

牛乳やジュースの
紙パックだって
紙の表面は
コーティングされてる。

できるだけ

ペットボトル入りの飲み物は
買わないようにしてるし

調味料は
ガラス瓶入りのを
買うようにしてるけど

マヨネーズなんかの
チューブもある。

RyoRyo

リサイクルゴミも含めた
プラスチックゴミは
どこへ行くんだろう


と思って

調べてみたので
共有しますね!

プラスチックのリサイクル率など

日本は「リサイクル先進国」
なんて言われてるけど

あれ?みゆ

本当かな?

なので
調べてみたら

一般社団法人
プラスチック循環利用協会
という団体が出してる

『プラスチックリサイクルの
基礎知識2018』
という
パンフレットを見つけました。

それによると…。

2016年の
プラスチックゴミは899万トン

そのうち
リサイクルされたもの:84%
リサイクルされなかったもの:16%

リサイクルされたものの内訳は

再生利用:23%
高炉等の燃料/ガス化/油化:4%
固形燃料等:17%
発電焼却:31%
熱利用焼却:9%

リサイクルされなかったものは

単純焼却:9%
埋め立て:7%

廃プラスチックの行方は?熱回収や埋め立て?内訳とリサイクル率も!-1

燃やすのもリサイクル?

プラスチックごみで
リサイクルされたもの:84%
リサイクルされなかったもの:16%

っていう数字だけ見ると
「リサイクル先進国」にも
納得してしまいそうだけど

「リサイクルされたもの」の内容で
ちょっと引っかかってしまいました。

だって
発電焼却:31%
熱利用焼却:9%
を合わせたら、40%!

これって
電気や熱を作るためとは言っても

燃やしてるだけじゃん!!

さらに
単純焼却の9%を
合わせると49%

つまり
半分近くは燃やしてる。

そして
埋め立て分7%を合わせると

無口みゆ

56%が燃やされてるか
埋め立てられてるか…。



リサイクルの先へ

リサイクル=いいこと
だけど

もっといいことが
リサイクルを含めた
5R

つまり

Recycle(リサイクル)再び資源として利用する
Reuse(リユース)再利用する
Reduce(リデュース)ゴミを減らす
Repair(リペア)修理して長く使い続ける
Refuse(リフューズ)不要なものは買わない

まとめ

では
プラスチックゴミのリサイクルについて
まとめますね。

日本は「リサイクル先進国」と言われ
数字の上では
リサイクル率84%であるが

リサイクルに含まれる
エネルギー回収の焼却が
40%を占めており

リサイクルに含まれない
単純焼却と合わせると
49%が

燃やされているのみ
とも言える。

リサイクル技術の
進歩もすすんでいるが

リサイクルのみではなく

ゴミ自体の量を減らす
5Rという考え方が

目指すべき方向と言える。

RyoRyo

2018年に話題になってる
レジ袋の有料化などが

5Rをすすめる
きっかけになるといいな
と思ってます!