こんにちは!
Ryoです。

鳩山元首相のTwitterは
北海道警察がデマ認定したけど

そのおかげで
かえって注目されたCCS技術。

気になったので
調べてみました。

CCS技術とは

CCSは英語の
Carbon dioxide Capture and Storageの
頭文字。

地球温暖化の
原因の1つと言われる

二酸化炭素(CO²)を
空気中に出さずに集めて

地下深く安定した地層に
封じ込める技術です。

国連の
SDGs(持続可能な開発目標)でも

すすめられてる
CO²対策なんだそうです。

RyoRyo

SDGs(持続可能な開発目標)については

下のリンクから
別記事を読んでくださいね!



CCS技術のしくみ

とっても長い間
地中深くに埋まってた

石油や石炭などの
化石燃料を取り出して
使ってきたけど

化石燃料を燃やすと
CO²が発生してしまいます。

CCSと地震の関係陰謀論!実験場所やメリットは?温暖化で東京湾も?-1

CCS技術は

工場や発電所などで
大量発生するCO²を

空気に触れる前に回収してから
圧力をかけて

地下1000m以上深くにある
CO²をためる地層まで

長いパイプを通して
運んでいきます。

このCO²をためる地層は
砂などでできてて
CO²がしみこみやすいとか。

しみこませたCO²は
長~い間そのままにします。

あれ?みゆ

地層にしみこんだCO²は
ほかのところに逃げないの?


RyoRyo

CO²をためとく地層は

CO²が逃がさないように
フタの役割をしてくれる
ねんど層があるところを選んでるから

気が遠くなるぐらい長い間
そのままにしといて
大丈夫なんだって!



CCS技術の実証試験の場所は?

アメリカの油田では
40年以上も前から

CCS技術を使って
CO²が注入されてるそうです。

CCS技術のプロジェクトは

アメリカ・カナダ
ノルウェー・オーストラリア
ブラジルで行なわれたり
計画されたりしてます。

日本で行なわれてるのは
北海道の苫小牧(とまこまい)で

沖に行ったところにある
海底地層のなかだとか。

CO²をためる地層は
2つあって

海底1000~1200mのところと
海底2400~3000mのところ。

2012(平成24)年度から
2015(平成27)年度まで
準備をして

2016(平成28)年度から
2020年度までの予定で

CO²の注入と
モニタリング(監視)を
してるそうです。


CCS技術と地震の関係

「CCS技術による
CO²注入が地震の原因」という
SNSなどの記事は

警察によって
正式にデマ認定されてます。

科学的に根拠のない話しは
デマと言うしかなくて

社会的に影響力のある
元首相が広めてしまったのは
残念なことです。

このようなデマのなかには

CO²の注入が
東京湾や大阪などの
大都市で行なわれるから

日本の大都市はどこも
大地震が起こってしまうだろう
なんてものまでありました。

がおみゆ

災害で
みんなが不安になってる時に

その不安をあおるのは
許せないね!



まとめ

では
CCS技術について
まとめますね。

CCSは英語の
Carbon dioxide Capture and Storageの
頭文字で

二酸化炭素(CO²)を
空気中に出さずに集めて

地下深く安定した地層に
封じ込める技術である。

大量のCO²を処理できるという
メリットがある。

国連の
SDGs(持続可能な開発目標)でも
すすめられている

地球温暖化の原因の
CO²対策である。

CCS技術は

工場や発電所などで
大量発生するCO²を

空気に触れる前に回収・圧縮し

地下1000m以上深くにある
CO²をためる地層で貯留する
技術である。

40年以上前から
アメリカの油田などで
行なわれているほか

カナダ・オーストラリア
ノルウェー・ブラジルなどで

プロジェクトが実施または
計画されている。

日本では
北海道の苫小牧沖の海底

1000~1200mと
2400~3000mの2か所に

2016(平成28)年度より
2020年度までの予定で

CO²の注入・モニタリングの
プロジェクトが始まっている。

鳩山元首相などが
CCS技術によるCO²の注入が
地震の原因になったと
SNS等で発信したが

警察によって
正式にデマ認定されている。

RyoRyo

CO²対策だけじゃなく

CO²を減らすために
何ができるのかを

一人ひとりが考えて
実践していきたいですよね!