こんにちは!
Ryoです。

レストランの星ばかりが
語られてしまう
ミシュランだけど

本来は
タイヤメーカーですよね!

でも日本では
ミシュランが循環型経済の
優等生だということが

あまり知られてないようです。

調べてみました。

タイヤメーカーとしてのミシュラン

単なるリサイクルや
リユースにとどまらない

循環型経済には
いくつかのタイプがあります。

ミシュランが
一歩先を行ってるのは

循環型経済と第4次産業革命の
じょうずなコラボをしてるから。

IoT(モノのインターネット)
と呼ばれるしくみを

タイヤに取り入れることで
社会貢献をしながら

お金がもうかる仕組みも
つくってしまったというお話し。

RyoRyo

循環型経済や
第4次産業革命について
くわしいことは

下のリンクから
別記事を読んでくださいね!



タイヤが物流を変える

ミシュランのタイヤは
いろんなタイプのクルマに
使われてるけど

革命的なちがいを生み出してるのは
トラックに使われてるタイヤです。

あはみゆ

「革命的」なんて
おおげさだな~!


RyoRyo

あら!

第4次産業革命の
ど真ん中の技術であるIoTと
循環型経済をコラボしたんだから

本当に革命的よ!


ミシュランは
トラックのタイヤの1本1本に

空気圧や温度などのセンサーをつけて
インターネットにつなげました。

そして
ソフトバンクといっしょに
タイヤ管理システムをつくったんです。

あれ?みゆ

それの何が
そんなにスゴイの?



ドライバー不足が深刻な物流業界

よくニュースになってきたのは
宅配業者のドライバー不足だけど

宅配業者だけじゃなく
物流業界全体で

本当に深刻な社会問題が
ドライバー不足。

これまでは
トラックのドライバーと言えば

一度荷物を受け取ったら
すべてのリスクやトラブルを
じょうずに切り抜けて

荷物を届けるのが使命で
プロとされてきました。

トラックのメンテナンスも
もちろん
ドライバーの仕事の1つ。

でも
ドライバーが足りないから

目の前の運転だけに
集中してもらった方が
みんなのためです。

そこで活躍するのが
ミシュランの特別なタイヤ。

すべてのタイヤに
センサーがついてて
ネットにつながってるから

空気圧や温度などが
あらかじめ設定しておいた
数値を超えたりすると

トラブルとして
みんなに連絡が行くしくみ。

ミシュランタイヤのIoTとは!適正空気圧や減り検知が特徴!違いは?-1

ドライバーが
プロ中のプロじゃなくても

タイヤの方が
トラブルを感じてくれるうえに

必要な人たちに
アラームを出してくれるので

ドライバーは
余計なことを考えずに
運転だけしてればいいんです。

えへみゆ

それはラクだし
安全だよね!



循環型経済のモデルとしても優秀

タイヤが勝手に
メンテナンスの手配まで
してくれるので

ドライバーは
運転に集中できて
輸送効率が上がるし

メンテナンスのことまで
よく知ってる経験者じゃなくても

トラックの運転さえじょうずなら
すべてを任せられるのが

このシステムのスゴイところです。

だけど
このシステムがさらにスゴイのは

循環型経済の
典型的な成功例だから。

ちょっと前までの
ビジネスモデルなら

タイヤメーカーは
タイヤをつくって売るだけ。

それが多少進化しても
メンテナンスの
めんどうを見るくらいでした。

でも
センサーやインターネットのおかげで

製品のメンテナンスだけじゃなく
もしもの時の緊急対応ができるし

製品の寿命が終わっても
ただ単に捨てないで

リサイクルやリユースに
つなげられます。

循環型経済の
「製品のサービス化」に
なってるんです。

前なら
製品をつくって売ったあとは

タイヤがどこで使われて
トラブルがあったかどうかもわからず

どれだけ長持ちしたのかも知らずに
どこで捨てられたかも
わからないままでした。

でも
センサーやネットのおかげで
それらが「見える化」したので

いろんな対応が取れて
製品の寿命が延びるうえに

リサイクルやリユースも
カンタンにできるようになりました。

埋め立てられるだけの
使い道のないゴミが
極端に減ることに。

わおみゆ

これは本当に
革命的だね!



まとめ

では
ミシュランの循環型タイヤ管理システムについて
まとめますね。

レストランガイドで知られる
ミシュランだが

本業のタイヤメーカーとしても
循環型経済の優等生である。

日本では
ソフトバンクとともに

IoTを活用した
タイヤ管理システムを
提供することにより

ドライバー不足が深刻な
物流業界の輸送効率向上に
大きな貢献をしながら

環境への貢献も
同時に果たしているからである。

RyoRyo

メーカーのミシュランだけじゃなく
物流業界や消費者の私たち

みんながトクをするうえに
地球環境にもいいシステム。

こういう取り組みが
もっともっと広がるといいですね!