こんにちは!
Ryoです。

2025年の
大阪万博開催が決まったので

1970年の大阪万博についても
調べてみました。

今私たちが食べてるモノで

大阪万博がルーツだったモノも
ありますよ!


1970年の大阪万博とは

1970年(昭和45年)
3月15日~9月13日に

大阪府吹田市で行なわれた
日本万国博覧会

略して「大阪万博」
または「Expo’70」。

アジア初なので
もちろん日本でも初の
国際博覧会だったそうです。

来場者は万博史上最高の
6400万人。

経済効果は2兆円あったと
言われています。

みゆみゆ

それがスゴイことなのか
よくわからないよ!


RyoRyo

日本で行われた
ほかの博覧会の入場者数を見れば
わかるかな~?



日本で行われた博覧会について

開催年 博覧会名 来場者数 開催場所
1970年 大阪万博 6400万人 大阪・吹田市
1975年 海洋博 349万人 沖縄・本部町
1985年 科学万博 2000万人 茨木・筑波
1990年 花博 2300万人 大阪市
2005年 愛・地球博 2200万人 愛知・長久手など

わおみゆ

大阪万博の6400万人は
やっぱりスゴかったのね!


RyoRyo

万博史上最高だったし

2010年の上海万博の
7300万人に抜かれるまで

40年間1位だったのよ!



大阪万博はどんな万博だった?

来場者数だけでなく
規模としても史上最大だった
大阪万博。

77か国4国際機関が参加し

日本の国家プロジェクトとして
研究者や芸術家・建築家などが
動員されたそうです。

テーマは
「人類の進歩と調和」

テーマ曲は
三波春夫の
『世界の国からこんにちは』。

前の年である1969年に

アメリカのアポロ12号が
持ち帰った「月の石」を
展示したアメリカ館が人気で

岡本太郎の作った
「太陽の塔」は
シンボルとなりました。

大阪万博1970の経済効果は?月の石やテーマに心がおどった歌とは?-1

「その後」を生んだ大阪万博

規模・来場者とも
史上最大だった大阪万博。

でも
それだけじゃありません。

大阪万博で
はじめて紹介されて

万博が終わった後に
広まったものがたくさん。

万博をきっかけにして
実験的に作って好評だったから

万博後に
本格的に研究・開発したものや

技術的にはできてたけど
紹介するチャンスがなくて
万博をきっかけに広まったもの

外国にはあったけど
日本では知られてなくて

万博で好評だったから
日本の会社を設立したりして
広まったものなど。

大阪万博は
21世紀の暮らしをささえるモノの
きっかけを作ってるんです。


ワイヤレスホンから携帯電話へ

大阪万博で紹介されて
後で有名になったモノの
代表が「ワイヤレスホン」。

日本電信電話公社
のちのNTTが設置した
「電話線のない電話」でした。

無料で30分間
日本のどこにでも電話できたそうで

あはみゆ

当時としては
想像もつかない事態!


両手で抱えるほどの大きさで
660グラムもあったそうだけど

みんなが
「これが未来なんだ!」と
興奮したそうです。

これが発展して
自動車電話になり

携帯電話になったとか。

RyoRyo

当時の日本には
そういうワクワク感が
あったんでしょうね。

そのほか
テレビ電話も
大阪万博で使われてます。


乗りものや移動手段も

電気自転車や
電気自動車
リニアモーターカーも

大阪万博で
紹介されたモノ。

動く歩道は
大阪万博では故障が多くて
あまり評判がよくなかったそうですが

その後すぐに
実用化されてます。

意外と時間がかかってしまってるのは
リニアモーターカー。

みゆみゆ

こんなに時間がかかるなんて

1970年当時は
想像もつかなかっただろうね!



大阪万博発祥の食べものなど

大阪万博がきっかけで
広まった食関係としては

日本の会社UCCがつくった
缶コーヒーが有名ですね。

缶コーヒーは
大阪万博前にできてたけど
うまく広まらなくて

大阪万博で紹介して好評で
その後一気に広まったそうです。

ケンタッキー・フライド・チキンは
大阪万博に実験店舗を出したら
おどろくほど好評で

大阪万博が終わる前に
日本の会社が設立されて
一気に広まりました。

明治の「ブルガリアヨーグルト」は
大阪万博のブルガリア館での
本場のヨーグルトがきっかけだそうです。

ファミレスという概念も
アメリカ館の「ステーキハウス」
から来ていて

1号店の「ロイヤルホスト」は
大阪万博の翌年
1971年にオープンしています


半世紀前の大阪万博

約半世紀前の大阪万博ですが

当時の空気感というか
ふんいきを知るには

RyoRyo

『20世紀少年』という作品が
いいのではないかと思います。


コミックの原作は浦沢直樹さん。

私はコミックは読んでませんが

2008~09年に
3部作で公開された
映画を見ました。

少年たちの
大阪万博へのあこがれは

RyoRyo

本当に
ハンパなかったみたい。


みゆみゆ

当時の「未来」は
ゼッタイに明るいものだったんだね!



まとめ

では
1970年の大阪万博について
まとめますね。

1970年(昭和45年)
3月15日~9月13日に

大阪府吹田市で行なわれた
大阪万博は「Expo’70」とも言う。

テーマは「人類の進歩と調和」
テーマ曲は三波春夫の
『世界の国からこんにちは』。

アメリカのアポロ12号が
持ち帰った「月の石」を
展示したアメリカ館、

岡本太郎作の「太陽の塔」が
大変な人気であった。

アジア初の国際博覧会で
万博史上最高来場者6400万人で

経済効果は2兆円と言われるが
その効果は数字上にとどまらない。

大阪万博に展示されたことが
きっかけとなって広まり

21世紀の暮らしに
なくてはならないモノが
少なくないからである。

また
高度成長期の日本で
開催されたこともあり

当時の時代背景からか
非常に未来志向の強い
万博であったとも言える。

RyoRyo

東京オリンピックから
大阪万博という流れは
半世紀前と同じ。

2つとも
大成功してほしいです!