こんにちは!
Ryoです。

渚ようこさんについて

渚ようこさんが

2018年9月28日
都内の病院で

急性心不全のため
亡くなったとの
報道がありました。

最近
有名人の訃報が
続いてるような気がします。

でも
渚ようこさんは
病気等の公表もなかったし

突然だったので
驚きました。

調べてみたので
シェアします。

渚ようこさんのプロフィール

渚ようこさんの
プロフィールを
見てみましょう。

渚ようこさんの
プロフィール

山形県白鷹町出身
本名・年齢非公開

1994年に渋谷のDJバーで
ステージ・デビュー

96年に『アルバム第一集』で
CDデビューを果たす

コラボした人たち:

コモエスタ八重樫
及川光博
ハプニングスフォー
ゲイリー芦屋
中原昌也
半田健人
内田春菊
横山剣
阿久悠
など

2003年に
新宿ゴールデン街に
「汀(なぎさ)」を開店

2007年に
足立正生監督
映画
『幽閉者 テロリスト』出演

2008年
パラダイス山元初監督
映画『盆栽少女』出演

2008年10月4日
新宿コマ劇場にて
「歌謡曲と新宿に捧げる
破れかぶれのオマージュ!
新宿ゲバゲバリサイタル」開催

2016年に
歌手生活20周年
記念アルバム
『渚ストラット』
リリース

代表曲は
半田健人との
コラボレーションした
「かっこいいブーガルー」など

徹底して
昭和の歌謡曲にこだわった


年齢など

年齢非公開なので
よくわかりませんが

1994年に
デビューされてるので

40代後半から
50台だったのでは
と思われます。

昭和の歌謡曲に
思い入れが強かったのも

この年代なら
納得ですよね。

でも
渚ようこさんが歌うと

けっして懐メロには
ならなかったと言われ

あらためて
聞き直してみると

RyoRyo

本当にその通り!
歌唱力だけではない、
かもしだす雰囲気が
すごいです!

死因が急性心不全
とのことなので

まだ若くして
突然亡くなって
しまったようですが

ひとつ救われたような
気がしたのは

プロフィールにあった

2008年の
新宿コマ劇場での
リサイタル開催。

渚ようこさんにとって

歌謡曲の殿堂とされた
新宿コマ劇場に
出演することは

デビュー時からの
夢だったそうで

その夢をかなえて
いたからです。

そして
新宿コマ劇場は

渚ようこさんの
リサイタルの
約2か月後に閉館。


新宿ゴールデン街のお店は?

渚ようこさん自身も
時折お店で
歌ってたそうですが

それ以外は
女性スタッフが
支えているそうです。

昭和ノスタルジック
そのものの店内で

渚ようこさんの
歌や映像が流れるところ。

渚ようこのプロフィール!年齢は?新宿ゴールデン街の店は?-1

残っていてほしいような
場所ですが

今のところ
存続できるかどうかは
わからないそうです。


まとめ

では
渚ようこさんについて
まとめますね。

渚ようこさんは

山形県白鷹町出身
本名・年齢非公開、

昭和の歌謡曲にこだわった
独特の雰囲気を持つ
女性歌手であった。

2018年9月28日に
急性心不全で死去。

1994年のデビューから

数多くの
あらゆるジャンルの人々と
コラボレーションした。

新宿に店を持ち
映画にも出演するなど

活動は多岐にわたったが

デビュー当時からの
夢であった
新宿コマ劇場にて

劇場閉館の2か月前に
リサイタルを開催。

長い人生では
なかったものの

独自のスタイルを貫き

表現者としては
恵まれた一生であったと
言えよう。

RyoRyo

横浜の歌も
とっても印象的だった

渚ようこさんの
ご冥福を
お祈りします。