こんにちは!
Ryoです。

ワクチン接種に行って
注射をされたのに

痛くなかったどころか

打ってもらったことさえ
気づかなかった人が!

すべて
わたしの目の前で
起きたことなので

けっこうビックリしました。

でも
よく考えてみると

痛くなかったのには
理由があると思いました。

共有しますね。

目の前で起きたこと

5月末のある日

家族のワクチン接種に
付き合うことになりました。

わたし自身は
すでに接種してたので

ただの付き添いです。

住んでるフランスでは

サッカーのスタジアムなどで
集団接種をしてるし

お医者さんだけじゃなく
薬局でもいいけど

結局

大きな消防署の
集団接種会場に行くことに。

初めて行く場所で
大きな会場だったけど

ていねいに説明されて
迷わずに順番を待ちました。

「本当に打ってた?」

接種の順番が来て

担当の救急救命士さんが
私たちを案内してくれました。

カーテンで仕切られた個室内で
質問票を見ながら
体調などを聞いてきます。

救急救命士の制服を着た
女性なんだけど

聞き上手なうえに
ユーモアのセンスもあって

ほんの2~3分なのに
なごやかなムードが
でき上がってました。

そして
肝心のワクチンは

話しを聞きながら
消毒・注射まで
数秒で終了。

脇で見てたわたしは

RyoRyo

お見事だな~!


って感心しきり。

ところが本人ときたら
救急救命士さんに

あれ?みゆ

あれ?
注射は?


って聞く始末(笑)。

わたしが見たと言っても
なかなか信じません。

接種後の待機時間も

「本当に打ってた?」って
何度も聞いてくるので

めんどくさくなって

「副作用が出ればわかるわよ!」
な~んて言うことに。

笑いながら終わった
ワクチン接種でした。

コロナワクチンが痛くない方法!なぜ?痛くない打ち方があるの?

痛くなかった理由

数時間後には
打ってもらった場所が痛くなって

ようやく本人も
接種の実感が(笑)。

でも
よく考えてみると

痛くなかったのには
理由があると思いました。

まず

担当の救急救命士さんは

にこやかに案内して
緊張をほぐしてくれたあと

ちょっとしたユーモアで
笑わせてから

今度は

本人が話してるスキに
数秒で注射を終わらせてます。

そばで見てたわたしは

RyoRyo

え?
このタイミングで打つの?


って思ったほど
あざやかでした。

この打ち方をまとめると:

リラックスさせる
→ 笑顔にさせる
→ 話しをさせる
→ その間にすばやく打つ

という流れです。

おそらく40代のベテランで
女性だということも
有利なのかも。

でも
救急救命士さんは

ふだんから

パニックになってる人を
なだめて落ち着かせてから

病院に連れてってあげる仕事。

緊張してる人を
リラックスさせるのは
慣れてるから

キラみゆ

痛くない注射を
できるのかな!



残念だった2回目の接種

家族が接種したのは
モデルナ製だったので

7月初めに
2回目を打ってもらいました。

同じ消防署の会場なので
本人はノリノリ(笑)。

でも残念ながら
それなりに痛かったそうです。

会場は同じだけど
2回目は看護師さんでした。

案内や受け答えが
ごくふつうで

本人の気をそらすような
配慮などもありません。

偶然だけど
同じく40代の女性だし

ふだんは
訪問看護をしてるそうなので

看護師さんの方が
注射を打つ回数は多いハズ。

まあ

ワクチン接種の
「2回目は痛い」って
言われてるので

そのせいは
大いにあると思うけど

それでも
救急救命士さんの仕事は
本当にお見事でした。

日本でも救急救命士が活躍!

日本でも

救急救命士さんによる
ワクチン接種が始まったとか!

神奈川県海老名市では
すでに開始されてて

愛知県では
実技研修が予定されてます。

もちろん
すべての救急救命士さんが

痛くない注射ができるとは
思わないけど

初対面の人を
リラックスさせる技術が
必要な仕事なのは確かです。

RyoRyo

注射がニガテな人は
ぜひ参考にしてくださいね!